THE VELVET UNDERGROUND AND NICO





I'll Be Your Mirror/ユア・ミラー

暗いといえばヴェルヴェッツに在籍したことでも知られるニコが真っ先に思い浮かぶ。
普通に歌ってるんだろうけど異常に暗い。 
人によってはどの曲も同じように聴こえるかもしれないけど
これは中でも最も美しい曲だと思う。
ルー・リードのヴァージョンも渋くて好き。  <イアラ>


Venus In Furs/毛皮のヴィーナス

まるでやる気のないルー・リードのヴォーカルがけだるい。(苦笑) <J>


The Vellvet Underground&Nico
 (1967)           




The Best Of The VellvetUnderground
(1989)


           


Chelsea Girls

ニコのソロの「チェルシー・ガール」より、表題曲。
物憂げで単調な曲を感情を入れることなく延々と繰り返す。
「もう、いいからやめてくれ〜〜!」と叫びたくなる程、しつこい。(爆爆)
暗い気分のときに聴くと同調できるかも?(苦笑)  <J>

Chelsea Girls (1967)



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー