UFO





Lipstick Traces

まだ10代だったマイケルの、末恐ろしい(爆)
可能性を感じさせるインストの名曲。 <J>

びっくりです。ぜんぜん雰囲気の変わるこの曲。
マイケルの深さが感じられるね。     <玉ちゃん>


Doctor Doctor

「ROCK BOTTOM」と並ぶハードロック史上に残る超大作!
このアルバムをきっかけにギターを手にした少年が世界中に急増したのでは? <J>



Phenomenon (1974)


Let It Roll

ファンキーでごきげんな演奏の途中に、突如加わった哀メロツインギター。
=( ・_・;)⇒ アレ? と、驚いてるうちにまた元の演奏に戻る。(苦笑)  <J>


High Flyer

これはもう・・・・(言葉にならないらしい・・・爆)
アコギが泣いてエレキが泣いてツイン・ヴォーカルが泣いている。(大泣き)  <J>

あいー、既に載ってたのね・・・
とにかく、哀愁・・・ひとりお酒が進みます。  <玉ちゃん>


Force It (1975)


On With The Action

イントロからギターが泣いてます(笑)
全体的に重たい感じで、哀しくなってきます!
マイケルの哀愁をおびた、それでいてハードでじめ〜っとした旋律に鳥肌。
ソロなんてもぉ歯がガチガチ鳴りそうだぁ〜(涙)  <るのー>


Belladonna

全編哀しみで包まれた珠玉のスローバラード。
泣きのギターと神に振り回され続けたフィル・モグのボーカルが涙を誘う。 <J>


No Heavy Petting  (1976)


Love To Love

ベース音、キーボードが美しいバラード。かなりプログレ風味。(謎)
フィルのヴォーカルがこれまた切ない。。。 <J>


Try Me

ポール・レイモンドのしっとりしたピアノをフューチャーしたバラードの秀曲。
後半出てくるツインギターが素晴らしい!  <J>


Lights Out (1977)


Lookin' out for No. 1

マイケルがUFOに残した最後のアルバム「Obsessions」より。
全面ストリングス仕様のハート・ウォーミングでドラマティックな展開になっている。
マイケルのギターはかなり控えめではあるが(苦笑)、そんな部分も含め
暖かさと切なさが同居した複雑な気持ちになってしまうのだ。   <J>


Obsession (1978)


Profession Of Violence

マイケルシェンカー脱退後に発表された
「The Wild,The Willing and the Innocent」に収録されている。
ギターははポールチャップマンで泣きのギター炸裂の大名曲。
出会いは、四半世紀前くらいに聴いたクロスオーバー11で
オンエアされたものを聴いたことに遡る。
このFM番組はハードロックなんぞは滅多にかからない番組であったが、
リクエスト特集の時に、何故かUFOの「Profession Of Violence」が取り上げられて
エアチェックしていたおかげで、この曲は四半世紀経った今でも僕の愛聴曲である
(当然今はリマスターされたCD盤を所有)。
ギターはマイケルシェンカーではなくポールチャップマンな為に、
UFOファンでもほとんど知られていない隠れた名曲だ。
ここでの泣きのギター(哀メロ)は絶対にマイケルじゃ弾けない。
マイケル派にはとかく無視されてしまうアルバムだが、
まぁ、騙されたと思って聴いてみなさいって。  <KOSS>


Wild The Willing And The Innocent
(1981) 


Burn Your House Down




UFOの最新作「セブン・デッドリー」から燻し銀のアダルト・ロック。
これは渋い。
どれくらい渋いかをお茶にたとえると、緑茶や抹茶ではなく、
規定の倍の茶葉に熱湯をそそいだ、ほうじ茶といった具合だ。
これは、渋すぎて、もはやうまいのかどうかよくわからない、
フィル・モグのボーカルの味である。
また、ヴィニー・ムーアのギターも、モグに合わせるかのように
アダルト・ムードで決めており、レイドバックした雰囲気は、まるでクラプトンのようだ。
彼らは、今もライブで70年代の「ライツ・アウト」や「ロック・ボトム」といった
UFOクラシックスをやっているが、それよりもこの曲で聴けるような
「大人のロック」のほうが似合っている気がする。
本人の気分としては、今もあの頃と変わらないロック・スピリットがあり、
まだまだ若い連中には負けない、と思っているのかもしれないが、
聴くほうとしては、どうしても無理しているように聴こえるのだった。
この曲で聴けるリラックスしたムードは、現在の彼らの等身大の姿があるように思う。
それでも、ところどころにモグの頑固親父気質が見え隠れするのは、
彼の意地だろう。
それは、いくつになってもロックンローラーであろうとする男の心意気なのだ。

                           (2012/5/23)  <にゅーめん>                 


Seven Deadly (2012)



                   

  

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー