TOM WAITS





Ol' '55

このひとの手にかかると、どんな曲でも哀メロになってしまう。
トム・ウェイツから滲み出るオーラそのものが
哀メロなんだからしょうがない。
そんなワケで、1曲に絞るだなんてあまりにも難しすぎたので
あえてデビューアルバムの1曲目を飾るこの名曲を。

まだ私がティーンエイジャー(!)だった頃、
夜中にこっそりヘッドフォンで聴いてはとことんシビれながら
「私が大人になったら、こうゆうオトナになって
 こんなオトナと恋愛したりしちゃうんだ〜!」などと
何だかよくわからないけど
まだ見ぬ「オトナの世界」に憧れを抱いてた。

あれから十数年、気が付いてみたら、
彼がこのアルバムをリリースした年より私は年をとってしまっていた…。
当然、私はこんなオトナにはならなかったし
こんなニオイを放つ飲んだくれ男たちにも
とりあえず、なんとか人生をかき乱されずに乗り越えてきた。
今ではこのアルバムを聴くと、やっぱりあの頃と同じようにシビれるのだけど
あの頃とは違って、人生を間違えずにヨカッタ、とも思ったりする。
もしかしたらこれもオトナになった証拠なのかなぁ…。 <ドロンジョ>


Closing Time 1973年


Burma Shave

彼の魅力ってあのしゃがれた声と対照的に
優しく誠実なピアノの響きだと思う。
この曲はまさにピアノとのデュエット。
こんなの酒場でやられた日にゃ涙が止まらないだろうな、きっと。 <J>


Foreign Affairs 1977年


Blue Valentines

ジャズの名曲「マイ・ファニー・バレンタイン」が
即、頭を翳めるがこちらはブルーなバレンタイン。(笑) <J>


Ruby's Arms

昔、働いていた職場では街頭に向けてレコードが流せるようになっていた。
でも私がトム・ウエイツを流した途端、上司がすっ飛んできて
「酒でも飲んでないとこんなのは聴けん!」と
別のアーティストに替えられた。(涙)

あれはどのアルバムだったろう・・・・・。

酒は飲めなくても聴けるけど、誰かと一緒には聴きたくはない。
聴くのは絶対にひとりに限る。(^_^;)  <J>


Blue Valentine 1978年



Tom Waits Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー