THOMAS DOLBY




Airwaves

1stアルバムからのシングル。
「彼女はサイエンス」とはまた対照的な曲調。
哀メロ度合も抑えめですが、昔からこの曲聴いては
じ〜んとしてました・・・(T-T)    <もとい>

サビまでの淡々(?)とした流れが哀しくて、
後半の感情がどっと噴出すところが絶妙!
私はごく最近(笑)この曲を知りましたが、
出会えて良かったと思ってます。(^_^)     <J>




提供/80野郎ォ
The Golden Age of Wireless
 /光と物体 1982年



                   





SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー