STRYPER





To Hell With The Devil

アルバムオープニングを飾る、スローテンポの濃厚メタルナンバー。
神々しいギターのハーモニーと、マイケル・スウィートの魂のシャウトが響き渡る!
ほんと、この人の歌声には溜息が出ます。  <タロカヤ>


Calling On You

名曲「Always There For You」に勝るとも劣らない必殺ポップチューン。
♪コーリン オーンユー (^0^)   <タロカヤ>


More Than A Man

アルバム最後にふさわしい、ドラマチックなメタルナンバー。
どんなにポップチューンが続いても最後は硬派に閉めるところに男気を感じます。
あと、やはりこのバンドはメロディが秀逸ですよ!  <タロカヤ>


To Hell with the Devil 1986年


In God We Trust

クィーン風(?)のコーラスから始まるタイトルチューン。
わりとアップテンポですが、この寂しさはいったい・・・。
神を信じない人の心の虚しさでしょうか(笑)  <タロカヤ>


Always There for You

これはメタルの皮を被ったポップソングです!
サビのコーラスが美しいですね〜。
キラキラのシンセが恥ずかしい・・・。  <タロカヤ>


I Believe in You

ピアノとストリングスで始まる、メタルの皮すら被ってないラブバラードです(笑)
英語の授業で、先生がセリーヌ・ディオン等と一緒にかけてくれそうな感じです。
X-JAPANのバラードみたいでもあります。  <タロカヤ>


The Writing's on the Wall

これぞメタル!
アップテンポで悲壮感漂うメロディ・・・。
一昔前の格闘アニメの主題歌にありそうな曲調です(笑)   <タロカヤ>


Lonely

タイトルからしてヤバいです。  <タロカヤ>


In God We Trust 1988年



Stryper Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー