THE STRANGLERS




Walk On By

遅咲き?のオジさんたち四人組ストラングラーズの
78年発表の名曲、D・ワーゥイックのカバーです。

名曲は数多いのですが、77年発表の1st「野獣の館」から
聴いてみることをお薦めします。     <toshiki>

1978年


Golden Brown

70年代後半、ロンドンからパンク、ニューウエイヴの波が日本にも上陸した。
ピストルズ、ジャム、クラッシュ、ポリス、トーキング・ヘッズ・・・
その波は大波で、誰しもその波を耳にし、私のような暗い曲おたくですら、
その飛沫を望んでもいないのに(苦笑)、ほんの少しだが受けた時代・・・

80年代に入るとその波は一気に退いていった。
あの騒ぎは一体なんだったのだろう?

デイヴ・グリーンフィールドのリズミカルなキーボードに乗って
そっと聴こえるジェット・ブラックのドラム。
そしてヒュー・コーンウェルの呟くようなボーカルと泣きのギター。

その美しいメロディーは、終りゆくパンクの終焉を楽しむダンス・ソングにも、
また静かに去っていった彼らの足音のようにも聴こえる。   <J>

La Folie 1981年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー