STOMU YAMASH’TA





Crossing The Line




『Go』は、海外で成功した、パーカッション奏者のツトム・ヤマシタが
1976年に発表したコンセプト・アルバムです。
参加メンバーはツトム・ヤマシタ(Per/Syn)の他に
スティーヴ・ウィンウッド(Vo/Key)・マイケル・シュリーヴ(Dr)・
アル・ディメオラ( G)・クラウス・シュルツ(Syn)・パット・スロール(G)と
錚々たるメンバ ーがそろっています。

アルバムは宇宙をテーマにしているので、宇宙空間を感じる
不可思議な音世界を表現したプログレという感じですが、
この「Crossing the line」は難解でなくで聴きやすい曲です。
ライブ盤の『Go Live』での「Crossing the line」は、アレンジを変えていて
演奏部分がかなり長くなっていますが、そちらも素晴らしいので
ぜひ聴いてもらいたいアルバムです。
                             (2009/6/20) <ながれ☆>


Go (1976)




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー