STING





Russians

ポリス時代を思い起させる、アップダウンが顕著なメロ。(苦笑)
これといってインパクトはないが、じわりじわりと心に染み入る。 <J>


We Work the Black Seam/黒い傷あと

淡々とした前半部分から究極(!)の哀メロのサビへと・・・
自分的にはタイトル曲「ブルータートルの夢」よりも
この曲を同アルバムの(勝手に)目玉にしている。(^_^;) <J>


Moon over Bourbon Street/バーボン・ストリートの月

ああ〜っと、忘れてはならないのがこの曲。
これも、もうひとつの目玉です。(滝汗)
ステイングもお気に入りのようで、ベストやライヴにも
アレンジを変えてよく取り上げられている。   <J>


The Dream of the Blue Turtles
 1985年


Englishman in New York

ジャズっぽい雰囲気を漂わせた渋々な哀メロです。
このムードたまりません。
僕が学生の頃初めて買ったスティングのアルバムがこれでした。
実はこの曲に惹かれたからです。
TVCMでも流れていたと思います。
クラプトンも参加していたこのアルバム、
ぜひ聴いて欲しいなー。   <島田@浜っ子>

スティングといえば、もうこれですね。
狂ったようにこの曲ばかりを、ヘヴィーローテーションしていたときがあった。
今でも急に聴きたくなる、大切な1曲。
ロックでもない、レゲエでもない、ジャズでもない、
変にこの曲を説明するような言葉は必要ないと思う。
言葉では説明しきってしまいたくないような気さえする。
この曲はきっと一生、聴き続けていくだろうと思う。 <mind>

ポリスのスティングがAORに転向したような斬新な感覚だったな、
初めてこの曲を聴いた時は・・・。 
なんといってもブランフォード・マルサリスの
ソプラノ・サックスが素晴らしい。
来日時にTVの音楽番組に出演した時のカッコ良さ、渋さが
今でも忘れられない。   <J>


Fragile

これぞ究極の哀メロか!?
ギターの音色ひとつでどうしてこうも泣けてくるのか・・・
木枯らしの街を歩きながら聴きたい曲。(哀愁感さらにUP) <J>


Nothing Like the Sun 1987年


Mad About You

スティングの音楽を、なにかをしながら聴いたり、
ただかけておくだけのBGMに使ったりということは、私はできない。
歌詞を読んだら、目をつぶって、どっぷりとスティングの
音と詞の世界に身をゆだねたい、と思うからかもしれない。
「エルサレムのすぐ近くで月の光を浴びながら寂しく歩いていた」
スティングと一緒になら、例え孤独感に苛まれる自分があってたとしても、
受け入れることができる気がする。   <mind>


The Soul Cages 1991年


Fields of Gold

秋になると、ムショウに聴きたくなる1曲。
見渡す限りに黄金色の大麦畑なんて見たことがないけれど、
この曲を聴くと不思議と、そんな光景が、
自分でも信じられないくらいに、
写真のようにくっきりと、浮かべることができる。
もしそんな風景に、これから先、出会えるとしたら、この曲を
是非その場所に持って行って聴きたいと思う。 <mind>


Shape of My Heart

おお、mindちゃんの秋の曲は「Fields of Gold」ですかぁ〜(^_^)
私はこっちに秋を感じますね〜
映画「レオン」のエンディングで流れてた曲といえば
皆さんピンとくるかも・・・。
クラシック調の哀しいギターのアルペジオと
スティングの声がなんとも切ない。  <J>


Ten Summoner's Tales 1993年


Inside

NYテロを起点に作られた2003年のアルバム『Sacred Love』の1曲目を飾る曲。
箇条書きのような歌詞が続き、
曲が進むにつれ、感情の高まりを感じる。
スティングのテロにより受けた傷の深さを表しているかのよう。
「特に新しいことはやってない」と、評論してるのを見たけれど、
このアルバムは、スティングの集大成と言ってもいいくらいスゴイと思う。
「愛」がテーマというのも頷ける。   <mind>


Send Your Love

これぞスティング節!
「愛を送っておくれ」という詞を、
ダンスミュージックのように歌いこなしてしまう。
なのに少しも軽くならない。
これがスティングのすごいところだ。
彼の音楽性の豊かさをも感じる。
テロにより、確かなものは何なのか、あるのか、
それともないのか、などと、
多くのことを考え抜いた末に生まれた答えは、
とてもシンプルで、スティングらしい、
そして、人間らしいものだったようだ。  <mind>


The Book Of My Life

淡々と歌われ続ける、流れるような曲。
もりあがるところはない。
なのに何故、この曲がこんなにも私の心をうつのか、
何故こんなにまでも説得力があるのか、とても不思議にさえ思う。
この『Sacred Love』というアルバムは、1曲1曲が違う曲なのに、
アルバムを通して聴いていくと、ひとつの大きなテーマにぶちあたる。
それが何なのかを、探し出す旅に出るような、
そんなアルバムの中の1曲です。   <mind>


Sacred Love 2003年 



Sting Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー