SONATA ARCTICA





Kingdom for a Heart

私が初めて出逢ったソナタの曲がこれ。
ただ速いだけじゃないんだよ!(笑)
たたみかけるような美旋律の嵐にノックアウト。  <J>


Letter To Dana

生フルートの序章より、淡々と流れる哀メロ。
このアルバムの最後にもこの部分が出てくる。  <J>


Ecliptica (1999)


Still Loving You

もちろん、我らが(笑)スコーピオンズのカバー。v(。・・。)イエッ♪
前半は忠実に、笑い声(苦笑)の後からはフル・スピードで駆け巡る。
速い速い。(爆)   <J>


San Sebastian

彼らの最高傑作といっても過言ではない。
日本のSONATA ARCTICAファンの間で最も人気のある曲だろう。
最高の哀メロにのせて疾走する名曲である。
ミニアルバム収録の"San Sebastian"と、2ndアルバムSILENCE収録の
"SanSebastian(revisited)"の2ヴァージョンある。
お好みでどうぞ。  <minato>


Successor (2000)


Sing in Silence

特にこれといった特徴がない曲なんだけど(滝汗)、
聴けば聴くほどに胸に染みて来る。  <J>


Silence (2001)


The Misery

トニーが低めのトーンで歌い上げる切ないバラード。
こんな寒い季節には辛すぎる。(T.T)  <J>


Winterheart's Guild (2003)


My Selene

曲の始まりこそどこかで聴いたデジャブにおそわれる(笑)が、
途中Keyソロのあとのサビ・転調・サビと敵はどこまでも引っ張っていく気だ!!
もう、これは大声で一緒に歌うしかないっす!!
Jani Liimatainen(g)作。  <ic>


White Pearl,Black Oceans

最新アルバムからの一曲。
最高ですね、この哀メロ!実にソナタらしい曲!
中盤は疾走します〜。  <minato>

ホワイト・パール号という船を座礁させてしまった灯台守の男が
慚愧の念に堪えきれず暗い海の底に消えていく、という物語。
厚みのあるコーラスとTony Kakko(Vo)の絶唱とが緊張感を生み、
ドラマティックに進行していく。
アルバムのジャケットを見ながら聴くとよろし。 <ic>


Reckoning Night (2004)



Sonata Arctica Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー