SENTENCED




Forever Lost

イントロの甘美なアルペジオ・・・そして激しいリフ・・・・
さぁ、来るぞ来るぞ〜〜!!
・・・来たのは真性デスの雄叫び・・・・( ̄□||||!!
いや?「低音シャウト系」になるんかな?(苦笑)
自分の耐えられるギリギリの線だ。
(デス声でもメロがはっきりわかるから。笑)<ボーカル  
その緊張感(爆)を美しい女性バックボーカルと
華麗なキーボードが和らげてくれる。(^^)
そして、もっと悲壮な気持ちになってくるのだ。。。これぞメロデス!! <J>

Amok 1995年


Killing Me Killing You

このバンドの曲では、キャッチーな部類ですが、
それでも、メロディは冷たさは変わりません。
ビデオがよかったなぁ。
極寒の世界がマッチしててたまりません。   <Akio/M>

極寒の地は冷たくて気持ちいいよ〜〜ん♪   <RUST>

つかず離れずのピアノの音も悲しいキャッチーな哀メロ。
(しかしこれまたぶっそうな歌詞だなぁ・・・( ̄_ ̄|||) どよ〜ん)
イントロからスロウダウンのエンディングまで
極寒体験できること間違いなし!(爆)   <J>


Crimson 2000年


Cross My Heart and Hope to Die

21世紀最初のHMマスターピースアルバム「The Cold White Light」から。
「哀」どころの騒ぎでない極寒で、悲しく、
そして美しい絶望的な慟哭の世界です。
イントロのトリの鳴き声から、アルペシオに移るところでもうダメです。
久しくなかった、「あぁ、こういう音楽が好きだったんだ、オレ」と
思い出させてくれました。
HM好きなら、必聴っすo<`ヘ´>ノ    <Akio/M>

青少年には聴いてもらいたくない程、絶望的な歌詞。
彼らを救えるものはどこにあるのだろう?    <J>


Aika Multaa Muistot (Everything Is Nothing)

まさに計算し尽くされたような、ドラマティック哀メロのお手本曲。
HR/HMの枠を超えて多くの人に聴いてもらいたい。    <J>


No One There

アルバム最後を飾る悲しすぎるほど美しい曲。
どうしたら、ここまで悲しくなれるのか、
どうしたらここまで悲しく美しい曲ができるのか。
Voのやるせない声、冷たく凍えつくようなギターのメロディが
身も心も凍えさせてくれます。
エンディングの海鳥の悲痛な叫びが、止めを刺してくれます。
近年稀に見る完璧なアルバム及び曲のエンディングです。 <Akio/M>


The Cold White Light 2002年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー