SARAH McLACHLAN




Possession

淡々としたバックにこれまた淡々と感情を抑え目にしっとりと歌い上げる。
女性ストーカーを正当化した曲だけあって暗い。(-_-;)   <J>


Fumbling Towards Ecstasy
 1995年


Building A Mistery

サラの母なる愛を感じます。
包み込むようなヴォーカルとハードなギターソロが
絶妙なバランスで最高! <TAKA>


Adia

大ヒットしたバラード。
旅に出るときは必ず聴いて泣きました。(笑)  <TAKA>


Surfacing 1997年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー