ROD STEWART





I Don't Want to Talk About It

ロッドの泣ける哀メロでしょう。
セイリングがイエスタデイなら本曲はエリナーリグビーあたりの
スタンスの曲かな(意味不明)
アコギの響き、哀愁帯びた枯れたボーカル。
ストリングスの控えめだけど重厚な音色。秋に聞くとホントせつなくなる。
本曲が収められたアトランティッククロッシングはバラードサイドばかり聞いてたな。 <いまち>


Atlantic Crossing(1975)

I Don't Want to Talk About It 


People Get Ready

墓場まで持って行きたいと思うほど好きな曲の一つです。
この曲のオリジナルはジェフ・ベックのアルバム『フラッシュ』に収録されています。
それはジェフ・ベックのギターにロッドのヴォーカル。
他にジェフ・ベックの『ライヴ・ベック!』に収録されているジェフのインストゥルメンタル。
2005年の来日コンサートで聴いたジェフのギターに
ジミー・ホールのヴォーカルとありますが、一番哀メロだと思えるのが
ロン・ウッドのギターにロッド・ スチュワートのヴォーカルのこの曲です。
この曲はMTVの人気番組「アンプラグド」のために
ロッドが行ったライヴの模様を収録したアルバム『アンプラグド』の中の1曲です。
この曲ではバックにオーケストラの演奏がながれ、
ジェフ・ベック・グループ時代からの旧友のロン・ウッドのギターに
ロッドのハスキーなヴォーカルが優しく 歌い上げています。
4パターンの「ピープル・ゲット・レディ」を聴きましたが、
やはりなんといっても一番の哀メロはこの2人のこの曲です。 <ながれ☆>


Unplugged...And Seated (1993)



Rod Stewart Official HP



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー