RICK SPRINGFIELD





Inside Silvia/我が心のシルヴィア

「ジェシーズ・ガール」のヒットを生んだ、RCAでの1stの
ラストに入っている曲。
シンプルなシンセのバックに、憂いを帯びまくったリック様の
声が聞こえてくれます。
とにかく地味な歌ですが、埋もれさせるには惜しい! <元がくせえ>


Working Class Dog 1981年


What Kind Of Fool Am I

世間的には甘甘アイドルと思われておりますが、
私の中では最強のロッカーです!
Jessie's GirlとかDon't Talk To Strangers等のアップテンポな曲が有名ですが、
彼のバラードもなかなか良いです。
その中でも一番の哀メロがこの曲。
囁くようなヴォーカルで始まり、サビはギュワ〜ンと泣かせます。 <ひろひろ>


Don't Talk to Strangers

なんともキャッチーなイントロ、キャッチーなメロ・・・・。
HOTでCOOLなおいしい曲。(^-^)   <J>


Success Hasn't Spoiled Me Yet
 1982年


Affair of the Heart

バラクーダ風味(ちと違うか・・・汗)の、疾走感と哀愁感が見事に融合した佳作。 <J>


Living in Oz 1983年


My Father's Chair

人気の凋落が始まったとされる問題作「Tao」。
傑作なんですがねぇ。
で、この曲は亡くなったリックの父親に捧げた名バラード&鎮魂歌。
歌詞を読むと泣けます。
ヴォーカルもお見事。
もっとリックは評価されていいと思います。  <元がくせえ>


Tao 1985年


Rock of Life

レゲエのリズムに乗ってリックが高音で歌い上げる。
彼の高音はほんとにセクシー♪(苦笑)
そしてバックがかっこ良すぎ!
このアルバムを出した後、彼はオートバイ事故により、
その後10年間活動休止を余儀なくされるのであった。(涙) <J>


Rock of Life 1988年



Rick Springfield Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー