RICHIE KOTZEN




Truth in Lies

バリバリの早弾き、ファンキーでごきげんなアルバム。(~o~)
「( ̄△ ̄;)エッ・・? フツウは1曲ぐらいはバラードあるだろー?」
・・・最後にやっと出て来た。(笑)
早弾き&泣きのギター満載のヘヴィーな音作り。  <J>


Fever Dream 1991年


Where Did Our Love Go

リッチーの代表バラードのひとつ。
この泥臭さがたまらないですね。  <TAKA>


Motherhead's Family Reunion
 1994年


What Is

アダルティーなんだけどすごくキャッチーでカッコ良すぎです! <TAKA>


What Is 2000年


Don't Wanna Lie

この曲は最新アルバム『SLOW』からの曲で
セクシーに哀メロを歌うリッチーに酔わされることでしょう。
ちょっとソウルっぽくてオシャレだし・・・  <TAKA>


           Slow 2002年


Don't Ask

コレを聴いてリッチーはポール・マッカートニーにも劣らぬ
メロディー・メーカーだと思いました。
最高です!     <TAKA>


Am I Dreamin

スパニッシュ・ギターがたまらないこれまたカッコイイ哀メロ! <TAKA>


Shine(Acoustic Version)

MR.BIGの曲のセルフ・カヴァー。
リッチーのギタリストとは思えない歌唱力が光ってます。
やっぱこれは名曲ですね。    

ホントこの『CHANGE』は自分のなかで
今年の洋楽ベストアルバムです!
   <TAKA>


Change 2003年


Special

『GET UP』の中でも最高の哀メロ。
セクシーなヴォーカルとイントロのオリエンタルなギターがしびれる。 <TAKA>


Get Up 2004年



Richie Kotzen Official HP



                   





SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー