RANDY NEWMAN





Kingfish

代表作のひとつである「グッド・オールド・ボーイズ」の中核を成す曲。
だいたいこの人の曲に出てくる登場人物はいろんな意味で
「どうしようもない」人達ばかりなのだけど、この曲もまた例外ではない。

この曲の主人公は大恐慌時代のアメリカ南部に
彗星のように現れた煽動政治家、ヒューイ・P・ロング。
「万民は王」というキャッチフレーズを掲げて
南部諸州の白人の貧困層の支持を受けてのし上がり、
大統領選に立候補した直後、暗殺された人物である。

この曲の前にはランディとバックを務めたイーグルスの面々とで、
当時のキャンペーン・ソング「万民は王」が歌われる。
そして曲中の名知事ヒューイは訴える。
「大企業のケツを叩いて社会のために金を出させたのは誰だ?
 町中のプア・ホワイトを知事公邸のガーデン・パーティに招待したのは誰だ?
 ズボン吊りを下げ、地べたにしゃがもう。
 大資本家の言うことなんか聞くもんか、
 この土地は我々だけで治めてゆくのだ」

僕が持っているCDのライナーノートはジャズ評論家の野口久光さんが
担当していて僕は大好きだったのだけど、野口氏はこの曲はランディの
知事ヒューイへの賛美と強い共感だと考えているみたいだ。

しかし、本当にそうなのだろうか。
僕にはどうも、ランディはヒューイの放つ胡散臭さに
気づいていたように思えて仕方がない。
そして、同じようにそれに感づきながらも、それでもなお、
何かを期待してシュプレヒ・コールに手を上げてしまった人々の
情けなさと辛さがにじみ出てくると、なんともいえない気分になる。
そういった人々の宿業の狂い咲きを、オーケストラの奏でる美旋律が
ゴージャスに縁取ってゆくのだ。
ランディの癖のある歌声の背後で、悪の華が咲き乱れ、散ってゆく。
ちょうど、夏の花火のように..哀れだ。  <fxhud402>


Good Old Boys 1974年  



Randy Newman Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー