RACING CARS





They Shoot Horses Don't They?

最近図らずも魂を奪われてしまったのが彼らの再発CD。
前々から「いいらしい」とは聞いていたのだが、これほどとは...。

それは、一曲目のイントロが流れてきた瞬間、確信となった。
のっけからファンク、とは行かないまでも大変腰の入ったR&B。
この「いい音出してるんだけどどこまでも貧乏」な感じは間違いなく、
一晩いくらで食ってきた場末のハコバンの音だ。
まさにイギリスのニック・ニューサー。
その後の展開もバラッドに行ったりフォーク調だったり、
器用貧乏ぶりを見せつけてくれるのだから、もう涙で前が見えない。

そしてラストの本曲である。
この曲は「ひとりぼっちの青春」という映画に題材を採っていて、
当時イギリスとオランダで大ヒットしたらしい。
第二次世界大戦も間近の大恐慌時代、ハリウッドで行われたダンス大会に
翻弄される貧しい若者たちの影が曲の波間に浮かんでは消える。
「カルーセル(回転木馬)......」とヴォーカルが歌うところでは
ストリートオルガンの音が鳴ったりするベタな仕掛けも満載で、
ひたすらノスタルジックで侘しくて薄幸。
そんな職人芸の世界はルーベッツにも通じるのだけど、
密室的で底抜けに明るい彼らとは対極の世界だ。
しかし、一度聴くと耳から離れない、不思議な吸引力があるところは同じ。
まさになるべくして「一発屋」となった、しみじみと泣ける良い曲である。 <fxhud402>


Downtown Tonight(1976)






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー