PHIL COLLINS





I Don't Care Anymore

遠い昔(?)弟がおやじの横顔ドアップ(爆)のLPを買ってきた。
「歌うドラマー」というのは読んでいた雑誌の情報で知ってはいたものの、
実際はどうなんだろう?と興味本位で聴かせて貰った。
1曲目のこの曲・・・のっけからドラムのリズムに合わせて重さと哀しさのあるメロ、
私が想像していた以上に聴きやすくパワーのあるヴォーカル・・・
ただのおやじじゃないぞ、と思った瞬間。
「おやじ」を訂正、「お父さん」になりました(* ̄m ̄)プッ <アデリーペンギン>


Hello, I Must Be Going! (1982)

A Groovy Kind Of Love/恋はごきげん

出せば何でもヒットしていた、当時ハゲノ、、、、いや破竹の勢いだった(笑)
88年のフィル・コリンズ全米No1シングル。
(オリジナルではなくカバーです)
はじめて聴いた時は失恋の歌かと思ったんですよ。(なんとなく曲調で。。。)
でも実際は「僕と君とのあいだには何とも素敵な愛があるんだ」と
恋人に語りかける甘ぁぁぁいいラブソング。。。
この曲は映画「バスター」(実在の列車強盗の映画)のサントラ盤収録ですが、
14曲ものトップ40ヒット満載「・・・HITS」にも当然収録されています。
             
余談・・カエルめはフィルが来日したとき、当時好きな人を誘ってライブに行き、
この曲が演奏された時、手をぎ "ぎゅっ" と握っていたのでした。 
その後? Fade out... (;;)      <筑波のカエル>


Buster (1988)


One More Night

日本の怪談映画のポスターのような(笑)ジャケットの
「ノー・ジャケット・リクワイアド」より、
フィル叔父さん二名目の全米No1シングル。

余談・・(またかい!?)カエルめは荻野目洋子が
水戸に握手会で来たとき(笑)バイクですっ転んじまい、
油まみれ泥まみれになったまま会場に行きました。
録音出来るウォークマンカセットを忍ばせ、
「すいません。ちょっと転んで手が汚いんです。
 でもちゃんと洗いましたから。。。」というと荻野目さんは
「大丈夫ですかぁ?気をつけてください」と言って、
手を"ぎゅっ" と握ってくれたのでした。  
ああ、青春の1頁。(笑) 

で、なぜかその時会場でかかっていたのがこの曲でした。
(ちゃんとテープにBGMとして録音されている) 
その後? 最近彼女は結婚して1児のママみたいです。 <筑波のカエル>


提供/筑波のカエルさん
No Jacket Required (1985)


Another Day In Paradise

この曲を聞くと、なんだか?悲しいのら‥。     <く〜ちゃん>

ホームレスを歌った曲らしいが、もっと色んな意味で
救われない人のことを歌ってるようにもとれて・・・ 
重苦しくも美しいイントロからフィルのボーカルが
そしてデヴィッド・クロスビーのコーラスが聴こえた時、
殺伐とした哀しみに襲われるのだ。多分、多くの人々が・・・ <J>


All Of My Life

ドン・マイリックのアルトSAXとフィルのボーカル。
一粒で二度美味しい(笑)ハートウォーミングなドラマティック・ナンバー。 <J>


But Seriously (1989)



                   






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー