PAVLOV’S DOG





Julia

パブロフス・ドッグの曲で一番知られているんじゃないでしょうか。

漂うようなピアノの音に始まり、生ギターのアルペジオ
サビで流れるメロトロン、間奏のフルート、、、ため息ですね
すべての楽器が美しい。

「君の愛がなければ僕は生きていけない」
デヴィット・サーカンプーが切々と悲しい恋を歌い、心に沁みます。

ところで、メロトロンという機器、ですが
独特のうねるような重厚な音は、ほんとにいいですね。
かの「キング・クリムゾンの宮殿」だってメロトロンが無ければ
あれほどの名作になったかどうか?
非常に扱いにくい機器であることは間違いないでしょうが
キーボードに取って代わられたことは、残念です。  <でんぶろう>


Episode

稀代のボーカリスト、デヴィット・サーカンプ率いるPAVLOV`S DOG 
メロトロン、ヴィオラ、フルート、ギターの作り出す耽美的で重厚な音世界、
超高音で精妙にビブラートするデヴィット独特の唱法は
ワン・アンド・オンリーであり、ひとたびその虜になった者は
ドッグ・マニアと呼ばれ、日本では僅か2枚しか紹介されていない
オリジナルアルバムを繰り返し聞くことでしか、その渇きを癒せないという、、
まことに恐るべきグループではあります。

その75年のデビューアルバム「PAMPERED MENIAL (禁じられた掟)」

初めてこのアルバム(輸入レコード)を聞いたとき、シラフでトリップしてしまい、
片面が終わった途端レコードひっくり返して針をアルバムの先頭に
乗せるという行為を延々と繰り返した事を覚えています。
当時、彼らの2枚目に当たる「AT THE SOUND OF THE BELL (条件反射)」
だけが、日本でリリースされ、93年におそらく業界のドッグ・マニアにより
CDとして発売されました。
まさに私の宝音源であります。
全曲、深い憂いと美しさを兼ね備えた極上品ですが、
あえて選ぶとすればこの曲です。
繊細さの極致のようなヴィオラと、情感豊かに歌い上げるボーカルの
コラボレーションはまさに絶品哀メロといえましょう。 <でんぶろう>


Pampered Menial 1975年



Pavlov's Dog Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー