OASIS





Slide Away

リアムの引きずるようなヴォーカルがなんともセクシーなラヴ・ソング。 <J>


Sad Song

そのタイトルどおり、なんともカナシイ・・・というか、切ない曲。
ノエルがアコギ1本で切々と歌い上げる。
日本盤のみのボーナス・トラックというのが不思議。  <J>


Definitely Maybe(1994)


Whatever

「俺たちはビートルズ以上」と放言して顰蹙を買ったオアシスだけど、
この曲はドラムの音といい弦が活躍するアレンジといい
もろ後期ビートルズって感じ。
本当はビートルズにこういう曲はないんだけど(笑)
前述の放言とは裏腹に彼らのビートルフリーク振り
(コンプレックスとも言う?)が窺える一曲。
この曲をタイトルにした日本盤ミニアルバムに、
本家の「アイ・アム・ザ・ウォルラス」のカバーが収録されているが、
これがまた秀逸なので必聴だ。
さすがギャラガー兄弟、デカい口叩くだけのことはある(笑) <MFCオーナー>


Whatever [EP] (1994)


Wonderwall

説明不要!90年代のイェスタデイ!
ギターを持つとついつい弾き語ってしまいます。
シンプルだけど何回聴いても良いです!  <TAKA>


Don't Look Back In Anger

これもよくコピーしました。
『Wonder〜』がイェスタデイならこちらイマジン!
90年代名哀メロのひとつ。  <TAKA>

うん、確かに「イマジン」って感じ。(苦笑)
広大な草原で大音量で聴きたい曲。( ̄ー ̄)  <J>


(What's The Story) Morning Glory?(1995)


Don t Go Away

3rdは評価が低かったりするのですが、
こういう聴かせるナンバーは最高の曲がそろってます。
サビメロ、すごく切ないっすね。  <TAKA>


All Around The World

全世界同日発売だとか、ジャケット撮影のために
本物の高級車を一台プールに沈めただとか、
派手な話題が先行した3rd「Be Here Now」だが、
実は味わい深い名曲が並ぶアルバムなのである。
この事はファンならずとも認めざるを得ないだろう。
中でも特にお薦めしたいのがこの曲。
8分を越す長尺曲だが、ちっとも長く感じない。
後半歌詞のないメロディが延々と続く構成だが
(「ヘイ・ジュード」みたいな感じね)
そのメロディのあまりの素晴らしさに酔いしれ、
時を忘れてしまうという訳だ。
正に希代のメロディメーカー、ノエルの面目躍如。
武道館が一瞬にして歌声喫茶と化した
オアシスのコンサートを見た時にも感じたが、
聴いて堪能するだけでなく、思わず歌いたくなるメロディを書けるのが、
彼の凄い所だと思う。   <MFCオーナー>


Be Here Now(1997)


Gas Panic!

私がオアシスを初めて聴いたのがこのアルバムで、
「お?かっこいいじゃない〜♪」と思ったのがこの曲。
けだるいヴォーカル、ところどころに(゜o゜;) ハッとする
美メロのエッセンス。   <J>


Where Did It All Go Wrong?

彼らの中ではストレートな哀メロ。
オアシスが苦手な人でもこの曲にはググっとくるはず・・・
(だと、思うんだけど。滝汗)   <J>


Let's All Make Believe

これぞ、オアシス最高の哀メロ!!v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪
どうしてこんな名曲がボーナス・トラックなのか?(-"-;) <J>


Standing on the Shoulder of Giants(2000)


Stop Crying Your Heart Out

イントロのピアノだけで泣けてくるよな(苦笑)珠玉のバラード。
重く引き摺るサウンドが粋。
決して甘くなりすぎないあたりがオアシスの魅力か? <J>


Born on a Different Cloud

リアムの作ったヘヴィーで暗い曲。(爆)
全体が美しい雑音で構成されているように聴こえる。 <J>


Heathen Chemistry(2002)



Oasis Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー