MINNIE RIPERTON




Lovin' You

こんなに美しくも哀しいメロディーを持った曲が他にあるだろうか。
初めてこの曲を聴いた時不覚にも感動の熱い涙が
頬にながれてしまった。(苦笑)     <イアラ>

黒人離れ(ぎゃっ!失礼)した、愛らしい歌声が魅力のミニー。
5オクターブもの声域と天性の美しい声を持ちながらも
長い間不遇の時代があったが、この曲の爆発的なHITにより
一躍有名になり、後にマライヤ・キャリー等に影響を与えた。 <J>


Perfect Angel 1974年


Baby, This Love I Have

名盤「パーフェクト・エンジェル」の次の年発表されたアルバム
「Adventures inParadise」はバックがソウル系から一転フュージョン系
(ジョー・サンプル、ラリー・カールトン、トム・スコット・・・)で固められており、
サウンドも洗練された感がある。
サビへの序章でゾクゾクさせて、サビで一気に感情が爆発、
なんともやるせない気持ちにさせる泣ける曲だ。 <J>


Inside My Love

上の「Baby, This Love I Have」が魂を揺さぶられる哀メロだとすると、
こちらは魂を癒されるしっとりしたナンバー。
でも例のハイトーン・ボイスも聴ける。(笑)
この曲はその後色んなジャンルのアーティスト達にカバーされた。 <J>


Adventures in Paradise  1975年


Return To Forever/この命尽きるまで

ミニーといえば、ソウルフルな激しい曲が素晴らしいのだが
このバラードは絶品!
最初の出だしからグッときて、そのまま最後まで
情感込めてしっかりと唄いあげている。   <J>


Minnie 1979年

  


Here We Go

彼女のパーフェクトな歌声は神まで魅了したのか?
わずか31歳でこの世を去ってしまったミニー・リパートン。
最後まで精力的に仕事をこなし、乳ガンをカミング・アウトして
多くの女性に勇気を与え、そして風のように逝ってしまった。
これは彼女の死後1年後に発表された文字通り遺作となった
アルバムの最初に収録されている。
ピーポ・ブライソンとの掛け合いも絶妙で
実に生き生きと歌っている。(涙)   <J>


Love Lives Forever 1980年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー