MEGADETH





In My Darkest Hour
 

初期の名曲。
その大げさなイントロはまさに哀度高し!
重いミディアムテンポをじらすように引っ張った後に来る
後半の疾走パートは震えが来るほどかっくい〜〜。 <kenn>


So Far, So Good...So What! (1988)


Hangar 18

ギターのうねりと変速の凄まじさが官能的な曲。
「いやぁ〜めちゃくちゃ上手いなぁ〜」ってのが第一印象で
その後なかなか哀メロなんじゃないか?なんて思ったりした。(笑)  <J>


Rust in Peace (1990)


Foreclosure Of A Dream

様式美のバックと「ねっとりとした(爆)」デイヴのボーカルが絡み合う。
夢を抵当に入れたという歌詞がこれまた暗くて哀しい。(苦笑)   <J>


This Was My Life

このアルバムの中では一番美しいんじゃーないかと勝手に思ってる曲。
目まぐるしい、しかし波に漂うようなメロディーラインは必聴。  <J>


Countdown to Extinction (1992)


A Tout Le Monde

メガデス渾身の哀メロ曲!
搾り出すように歌を吐き出すデイブの表現力にびっくり。
この曲は、彼の独特の唱法じゃないと成り立たないかも。
マーティとデイブの美しすぎるツインギターも感動もんっすね。 <kenn>


Youthanasia (1994)


Angry Again

シュワちゃん主演の「ラスト・アクション・ヒーロー」のサントラ。
ギターの展開がスリリングで感動もの!!   <J>

この曲はリズムに乗って語るような歌なのです。
ムスティンさんのVoは一段とネチネチ度が高く、
しかもPとかBとか無声音の破裂音を強調して発音するから
ねばぁ〜〜ペッ! ねち〜〜バッ!って、なんか、
きちゃな〜いって感じがするのだけど、
“A Tout Le Monde”で既にムスティンさんに恋しちゃってる私は、
愛着が湧く声なのダ。大好き!
んで、この語るような歌と対照的な、流れるようなサビが
これまた素晴らしいのです! <ミッチ>


99 Ways To Die

これまたギターが素敵!(他はどうでもいいんかいっ!爆)
時折入るアコギの音色とメロが哀愁帯びていて素晴らしい。  <J>


Paranoid

サバスのカバーだ・・が!! こっちのほうがかっちょいい!(爆)
テンポがかなり早くなってる分、けだるさや憂鬱感は少なめだが
メロディー(←原曲がそれだけいいってことだけど)は生きてるので
より洗練された気がする。
もっと早くてもいいくらいだ。(笑)  <J>


Hidden Treasures [US] (1995)


A Secret Place

シンプルではあるが重厚なサウンド+デイヴの咆哮が
たまらなく哀愁。   <J>


Have Cool,Will Travel

上がシンプルな哀メロなら、こちらは変速の哀メロ。(笑)
サビの超メロディックな流れにはドキリとさせられる。 <J>


Cryptic Writings (1997)


I'll Be There

HMの歌詞対訳を見ると、たいてい「死」や「怒り」という
言葉が並んでいてとても癒されないんだけど(笑)
アルバム集めて8枚目にしてやっとこさ見つけました!
希望に満ちあふれた素晴らしい詞を...
♪お前はいつもいてくれた、今度は俺の番だ..いつもお前のそばにいるよ♪
この曲もいいけど、他にもたくさんあります
(激しい曲ばかりなのであえて投稿は控えさせていただきます..笑)  <nanana>





Risk  (1999)


Disconnect

2001年のアルバム、「The World Needs a Hero」より1曲目。
単調ながらインパクトのあるリフとサビが印象的。
全体を通して「大波小波(* ̄m ̄)プッ」風味のノリとタメがかっこいい! <J>


Coming Home

2分35秒という短い曲聴く間に涙が出ちゃうくらいの見事なバラード!
スラッシュ・メタルBANDだから、この曲は異色と言えるかもしれないけど、
アルバム中に一瞬「デイヴ・ムステインの人間臭さ」を垣間見ることができる。
歌いっぷりも素晴らしくソウルフル!!   <nanana>

( ̄o ̄*(_ _*( ̄o ̄*(_ _* ) ウンウン
彼らの曲の中では珍しいですよねぇ〜
相変わらずねっとり(-_-;)としているデイヴだけれど、確かに人間らしい。(爆) 
なんの違和感もないストリングスが不思議に似合ってる。(苦笑) <J>


Promises

今度はフレンチ・ポップス調に愛らしくも悲しく歌い上げるデイヴ。
一体どこまで進化していくのか、メガデスよ!(爆)
それは勝手でしょ?とか言われたらそれまでだけど(苦笑)、
スラッシュ苦手な私が、なぜがこのメガデスにだけは惹かれてしまう、
その答えがこの曲にあるような気がする。 <J>


The World Needs a Hero(2001)


Die Dead Enough
 

復活メガデスの新作
淡々と進むリフの上をデイブのあの声が駆け巡り・・
一転サビではキャッチーで哀しげなメロ炸裂。
割とシンプルな楽曲構成(彼らにしては・・笑)がより、
そのメロディを印象的にしてますね〜。   <kenn>


The System Has Failed (2004)



 Megadeth Official HP 



                   

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー