LYNSEY DE PAUL




Won't somebody with me

邦題は「夢のパートナー」。
「シュガー・ミー」や「恋のウー・アイ・ドゥ」などで知られる
シンガー・ソングライター、リンジー・ディ・ポールの初期の名曲。
イントロの弦楽四重奏を皮切りに、一分の隙もない
フランス人形みたいな少女趣味が繰り広げられる。

「誰か、私と踊って下さる方はいないのかしら?」

今や完璧に死滅した...いや、きっと端から実在なんてしていなかったに違いない...特濃で剥き身の「おセンチ」が、確かな手触りをもってここにある。
セクシーなイメージの強い彼女ではあるが、
女は灰になるまで少女なのだ...たぶん。

「壁の花はもういや」    <fxhud402>


Best of the 70's 2000年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー