LINKIN PARK





Crawling

10/24の武道館公演の熱気覚めやらぬまま投稿で失礼します。
2ndのメテオラはTAKAさんが投稿されてるので、
1stの"Hybrid Theory"から哀メロってか燃メロを。

シングルカットもされたキャッチーかつ熱いメロディ。
ライブでも大合唱でした。   <ひろひろ>


By My Self

イントロからしてカッコよすぎの絶叫タイプの名曲。
チェスターのボーカルが何故か哀愁を帯びております。 <ひろひろ>


In The End

お馴染み彼らの初の全米NO・1ヒット。
イントロのピアノからまさに哀メロ。
泣けて踊れて叫べる名曲   <ひろひろ>


One Step Closer

アンコールのラストに演奏された彼らの初の大ヒット曲。
チェスターの絶叫に大興奮!  <ひろひろ>


Pushing Me Away

個人的に私が一番好きなナンバー。
アルバムのトリを飾るこれも哀メロかつ燃メロです。  <ひろひろ>


Hybrid Theory (2000)


Don't Stay

これはすごくカッコイイ!
ヘビーなリフと甘いヴォーカルのギャップがたまりません。  <TAKA>


Easier To Run

彼らの繊細さが伝わる曲。
ラウドなサウンドとラップと哀メロがいい感じで融合!    <TAKA>


Breaking The Habit

マイクのラップなしの聴かせる曲。 
彼の声の良さがすごく生きてます。    <TAKA>


Numb

METEORAのラストを飾る曲
哀しくも激しいメロディは 聞く者を悲しみの底に突き落とすかのようです
このアルバムを聞くとき 最後にこの曲を聞き終えると
どうしようもない寂しさが僕を包みます
その寂しさから逃れるために またPLAYボタンを押してしまいます
そして また底知れぬ寂しさが訪れるのです    <HIRO>


Meteora (2003)


In Pieces




激しい曲の多いこのアルバムの中では、比較的大人しい曲ですが、
センスのある楽曲です。
バックの不思議なサウンドが、独特の雰囲気を醸し出し、
この曲に個性を与えています。
特に前半部分の打ち込みサウンドが、異次元空間を彷徨うタイムマシンのようで、
聴くものを時空の波に乗せてくれます。
途中からスネアとコードカッティングがシンクロして、シンプルでありながらパワフルに、
一気に突破口の彼方まで吹き飛ばされそう。
でも不思議な雰囲気はずっと持続していて、次世代ロック的な空気はかわりません。 

                          (2011/6/2)  <にゅーめん>                  


Minutes to Midnight (2007)


Skin to Bone




アルバムでは前の曲「Roads Untraveled」がベタベタな哀メロだったが、
この曲のほうが、より私の琴線に触れた。
軽快さの中に織り込まれた哀愁感がたまらない。
3分にも満たない曲だが、60年代のポップスを
感情のない無機質な雑音で色着けしたような、ミスマッチがこれまた素敵♪

                          (2013/7/6) <J>              


Living Things (2012)



Linkin Park Official HP



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー