LAST AUTUMN’S DREAM





Guardian Angel

FAIR WARNINGではスカイギターを駆使するヘルゲ・エンゲルゲの陰に隠れていた
アンディ・マレツェクでしたが、ここでは彼の良さが如何なく発揮されています。
中でもこの曲は、「哀メロの貴公子」ことミカエル・アーランドソンの歌も
さることながら、アンディのギターが素晴らしく泣きまくっています。
それもソロではなく、歌のバックで弾いているリフが素晴らしいんです。
バッキングだけでここまで泣かせるギターというのは初めて聴きました。 <ミート君>


Last Autumn's Dream
 2004年






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー