PAUL KOSSOFF





Time Away




私の青春時代のギターヒーローはジェフ・ベックでもエリック・ク ラプ トンでも
ジミー・ペイジでもなく、アメリカ国歌『The Star Spangled Banner』 を
軽々と爪弾くウッドストックでのジミー・ヘンドリックスと
フリーのギタリスト、ポール・コゾフだった。
コゾフがソロとして発表した「バック・ストリート・ク ローラー」に納められている
『Time Away』はコゾフ自身の葬送曲であると思う。
ドラ ッ グに犯され治療して復活してはまたドラッグに溺れを繰り返して
七転び八起きの末についに機上で帰らぬ人(オーバードラッグによる心臓発作)となった。
自らの死 を悟っていたかのように、まだ薬漬けになる前に渾身の葬送曲を残していた
コゾフよ、 安らかに。
                             (2009/9/27) <KOSS>


Back Street Crawler (1973)




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー