JON LORD





Before I Forget

リッチー御大に「Maybe Next Time」があるのなら、
ロード大先生には「Before I Forget」がある!
曲の作りから言えば、同じリッチーでも「Weiss Heim」が近いけれども、
こちらが断然上(断言しちゃう・笑)。
雪原を思わせる、透明度が高い哀愁メロは、
心に響きすぎて一人では聴けないほど。

ジョン・ロードの天賦の才を知るのに最良の1曲! <ニセリッチー>


Say It's All Right

このアルバムが、本格的に唄う場としては初めてだというヴィッキー・ブラウンという女性シンガーをフィーチュアした曲。
「頑張れ」と励ますのではなく、落ち込んだ気持ちを優しく抱きとめてくれるような、
美しいバラードです。   <ニセリッチー>


Pavane

ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」。
オルガン奏者としてはもちろん絶対的な評価を受けているロード大先生ですが、
キーボーディストとしては一段低い評価を与える向きもあるようです。
しかし、この曲での音色の選び方は、やっぱり超一流だと思うのですが、
ファンの贔屓目かしら(^^ゞ    <ニセリッチー>


Lady

これもヴィッキー・ブラウンの歌唱が光る優しい好バラード。
ロード大先生、もう1回リッチー御大と組んで、
これをキャンディス・ナイトに唄わせてもらえないかなぁ(笑)  <ニセリッチー>


For A Friend

これまた「Before I Forget」に劣らぬ、美しすぎる最強クラスのインスト・ナンバー。

リッチー御大が「ジョンはアイディアを出さないくせにクレジットだけ求めた」と
批判していましたが、その気持ちはよく分かります。
ロード大先生が本気出したらこれだけの曲が作れるんですもん。
リッチーはきっと、大先生の本気のお姿を
いつも求めていたんでしょうね。    <ニセリッチー>


Before I Forget (1982)


Jon Lord Fan Site


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー