JONATHAN RICHMAN





Roadrunner

ジョナサン・リッチマンの初期の名曲。
夜のボストンの高速を一人で走る寂しさを歌った曲。
これを聴くと、ほんとにジョナサンと一緒にドライブしてる気分になるの。 <SYCO>


Modern Lovers(The Modern Lovers)
 1976年


Abdul and Cleopatra

これはまさにメロディーが哀メロしてます。
ジョナサンのギターが「月の砂漠」のような物悲しいさをかもしながら唸ります。
遥か古代の美女クレオパトラを想い焦がれる気持が
ヒシヒシを伝わってくる歌です。   <SYCO>


Back in Your Life 1979年


That Summer Feeling

ジョナサンの歌はノスタルジックな哀メロがたくさんあるのですけど、
この曲は自分の少年時代の夏の思い出を
断片的にアレコレと歌って一番哀メロっぽいかな。
忘れてしまった子供時代のピュアな気持を取り戻したいと
願いのこもった、とっても感傷的な曲です。 <SYCO>


Jonathan Sings 1983年


ジョナサン・リッチマンの和訳・インタビュー翻訳Obdession and Obscure






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー