JOE COCKER




Cry Me A River

初めてこの曲を聴いた時、「むっ!せっかくのクライ・ミー・ア・リバー」を
明るくしやがって・・・(-_-メ) 」と腹がたった。(苦笑)
繰り返し聴くうち「ファンキーなのもイイかも〜♪」と思った。(爆)  <J>



Mad Dogs and Englishmen
 1970年


You Are So Beautiful

ビリー・プレストンの名曲をコッカーらしく歌い上げている。
歯の浮くような(爆)歌詞、単調な曲。
でもドラマティック!     <J>


I Can Stand a Little Rain 1974年


Love Lift Us Up Where We Belong
(Joe Cocker & Jennifer Warnes )

とってもいい曲だと思います。
心に響いてきます‥。  <く〜ちゃん>


Now That The Magis Has Gone

もう〜素晴らしいですー o(ToT)o ダー 
文句なしの哀メロ!
これを聴いて泣かない男は男ではないっ!(J、男泣き。謎) <J>


The Best of Joe Cocker 1993年


Summer In The City

これぞAORの決定盤か!!
お顔だけ見てたらアル中の浮浪者にしか見えないけれど(毒爆)、
豪華なバック陣をも喰ってしまうインパクトの強いダミ声万歳!! <J>


Have a Little Faith 1994年



                   

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー