JASMINE GUY





More Love
 

ジャスミン、1964年生まれ。
アダルトな雰囲気の中に知性を感じさせる恵まれた美貌から、
エディー・マーフィー主演の映画のヒロインに抜擢されて
世界中の注目を浴び、レコードデビュー。
そのデビュー作にして唯一作(←つまり売れんかった)から1曲哀メロを選ぶとしたらコレ。

基本的にダンサンブルなR&Bタイプの楽曲がアルバムを覆い尽くす中で、
この曲だけは異色。
イントロでロマンティックなサックスが響くスローかつもの悲しいバラードだ。
しっとりとAメロ、Bメロと展開していき、サビに繋がる流れの中で、
サックスソロも織り込み、緩やかに安定した哀愁感を放出している。
ただ・・歌詞に目を向けると、「もっとあなたの愛をちょうだい♪」と、
哀愁感のカケラもないのが悲しい(笑)
ちなみにセンスのいい動きをみせるベースはマーカス・ミラー。
サックスはスティングのソロに参加しているブランフォード・マルサリス。
この曲だけの参加という、謎の豪華ゲスト。   <ひろりん>


Jasmine Guy (1990)



Jasmine Guy Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー