INXS





Mistify

アンドリュー・ファリスのリズミカルなキーボードがそれだけで哀愁〜
魅力的な女性に惑わされる歌なのだが、
聴いてるほうがクラクラするくらい素敵な曲なのだ。(笑)  <J>


Kick (1987)


By My Side

ファンクかつロック、そしてR&Bテイストを持つバンドなので
あまりバラードっぽい哀曲は少ないのですが、
この曲は泣けますのよ。ああマイケル。
ライブ8でこの曲を聴きたかった。
そしてボブ・ゲルドフと喧嘩して欲しか・・うあー! <ひろひろ>

「あなたがここにいて欲しい」のINXS版といったところか?
ジャージィなサウンドに乗ってマイケルがすがるように歌い上げる。 <J>


X (1990)


Beautiful Girl

彼らのアルバムの中では最も妙なジャケットですが、内容は最高傑作。
その中でもこの曲は、彼らの中でも本当に異質な哀メロ。
イントロのトイピアノのチープな音が実に哀しい。
メロディーも歌詞もまさに哀愁の名曲です。  <ひろひろ>


Wellcome to wherever You Are (1992)



INXS Official HP



SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー