HOWARD JONES




What Is Love?

シンセサウンドに乗せて流れる「愛って何?」
この曲も、ある意味哀メロだよね!ね!ね!
POPな感じの「New Song」等も良いですが、
やや哀愁を帯びているこの曲は、
ハワジョンを語るには外せない一曲。   <みょうが>


Hide and Seek

日本でのアルバムタイトル(「かくれんぼ」)にもなったこの曲。
シンセの音だけでもかなり哀メロですが、ハワジョンのボーカルも
かなり聴かせてくれます。
この曲こそ、ハワジョン哀メロbPでしょう!  <みょうが>


Don't Always Look at the Rain

邦題「雨を見ないで」。
ちょっぴり切なさを感じずにいられない一曲です。
ハワジョンは、こんなしっとり系の曲もいいです。  <みょうが>


Human's Lib 1984年


Elegy

キラキラ感のピアノのバックに乗ったパーフェクトな(爆)哀メロ。
謙虚に流れるチェロといい、ハワジョンの切ないボーカルといい、
この曲を聴いて涙を流したらキラキラ美しい涙だろうな。(多分。(-_-;)) <J>


Hunger for the Flesh

これも暗い曲なんだけど、それ以上にPOPに仕上がっているので
暗さは感じない。 むしろ爽快感さえ感じる。
でも終わったあとは虚脱感に襲われる。(←一体なんなんだ?爆)  <J>


Like to Get to Know You Well

全英米ヒット、邦題「君を知りたくて」。
すでに20年近く前の曲だが、最近の曲にしか聴こえない。
心地良い軽快なボーカルが哀しく響いてくるのはなぜ?  <J>


Dream Into Action  1985年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー