HOLLY COLE





Calling You

オーソドックス(いい意味で)な中にも新しいジャズシンガーが
いることを教えてくれたのがこの「コーリング・ユー」だった。
映画「バクダッド・カフェ」の中でジュヴェッタ・スティールが唄った曲の
カバーになるわけだが、本家よりもHITしたような??(^_^;)
(ジュヴェッタ・スティールも素晴らしいのですよ、念のため)
ホリーの心の底から絞りだすような、憂いに満ちた声。
それが原曲の良さと見事に溶け合い聴く人の気持ちを
やるせなさ100%にしてくれる。(苦笑)   <J>


Blame It on My Youth 1991年


Make It Go Away

ホリー・コールの中で一番好きなナンバーです。
彼女の乾いた声がたまらなく好きなのです!!  <TAKA>


Dark Dear Heart 1997年


It Never Entered My Mind

最近、ずっと聴きまくっている曲。
カントリー調のアレンジと馬の蹄の音まで入ってて
マジでたまらないです。   <TAKA>


Shade 2003年



Holly Cole Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー