GIPSY KINGS




A Mi Manera(My Way)

車で走っていたら大泣きしながら運転している友人の車とすれ違った。
慌てて引き返してつかまえたら、
あたしの貸した「GIPSY KINGS」のテープを聞いていたのでした。
その中の『A Mi Manera』を聞いた途端、涙が止まらなくなったそうな。
嘉門辰夫と吉本好きの友人をここまで泣かせた
「GIPSY KINGS」はタダモノではありません。
この曲はもちろん「My Way」のスペイン語バージョンです。
「GIPSY KINGS」を初めて聞いたのは10年くらい前だけど、
今でもあたしの喜怒哀楽に一番ぴったりくるのが彼ら。
そもそも、スペイン語(とかラテン系の言葉)って
人間の感情に直接作用するような気がするんですよねぇ。
単純なあたしは「Soy」とか「Cient」などの陽気な曲が好きだけど、
哀愁ただようフラメンコギターもたまりましぇん。 <あず>


Bomboleo

疾走系ド迫力の哀メロ。(笑)
こういうのを聴くとジプシーへの憧れが高まり
どっか旅に出たくなる。(笑)    <J>  


Gipsy Kings 1988年


Hotel California(Spanish Mix)

言わずと知れたイーグルスのスペインバージョンカバー。
これがなかなかカッコイイ。(でもちょっとせわしない。爆) <J>  

 


Volare! The Very Best Of The Gipsy Kings
 1999年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー