FREDDIE MERCURY




I Was Born To Love You

一昔前にビールのCMかなんかで使われてた時、
なんちゅ〜爽快感のあるメロディーなんだと感心。
思わずビール飲みたくなっちゃう感じがすっから
(飲めないけど(`∇´ )にょほっ)
曲の効果てすごいなぁと思った一曲でっす。 <まい>               


Made In Heaven

この曲を聴くと、クイーン=フレディーだったのだなぁ〜と
しみじみする。  曲名といい、歌詞といい、
まるで自分が亡くなるのをわかっていたようで
ここにきて(以前はさほど感じなかったけど)泣けてくる。(涙)  <J>


Love Me Like There's No Tomorrow/明日なき愛

アルバムのラストを飾るロマンティックな哀メロバラード。
これぞフレディーの愛の姿か!? ひたすら美しい曲。  <J>


Mr. Bad Guy (1985)


Barcelona

もしフレディーが生きていてバルセロナオリンピックのオープニングで
この曲を歌っていたら。。。
と、これだけで哀メロ1確なのだが、
なんといってもそのバルセロナオリンピックのシンクロのデュエットで
(確か小谷さんでしたよね、、うー記憶が。。。)
この曲が流れたときは、まじで泣きそうになった。
よくぞこの曲を選んでくれたということ、
バルセローーナーーという第一声で一気にヒートアップする会場、
演技の終わった日本人二人に惜しみない拍手を送りつづける地元の観客。
これは泣かずにおれん。
よって哀メロ1確。  <いまち>


Barcelona (1988)


In My Defence

フレディのソロの中で,一番フレディらしさが感じられる曲である(と思う)。
メロディよりも声で哀愁を漂わせてくる。  <さとし>


The Great Pretender
   1992年



                   

 

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー