THE FOUR TOPS





It's the Same Old Song

テンプス、スモーキー・ロビンスン、スプリームスらと並ぶ
モータウンの看板グループ、フォー・トップス。
ホランド=ドジャー=ホランドのペンによる楽曲を鉄壁のチーム・ワークで
歌い切ったその一曲一曲が、まさにポップスの教科書だ。
中でも好きなのが、モータウンお家芸の跳ねるような
ビートに乗せてウキウキと歌われるこの曲。
また歌詞がその明るいムードと裏腹に
なかなかどうして泣かせてくれるのである。

「レコードから流れてくる音楽は昔と変わらないのに、
 あの頃と同じ気持ちになれないのはどうしてだろう?
 いつもあの娘が傍らにいた、あの頃とは...」

くぅ〜っ!!つくづくどこまでも王道である。
わかっちゃいるけどグッと来る。
ひしと抱きしめるようなド熱いヴォーカルを聴かせる
リーヴァイ・スタッブスのごっつい後姿に、ジャイアント馬場の面影が
だぶって見えるのは僕だけではないだろう!! <fxhud402>


The Four Tops' Second Album
 (1965)


Standing in the Shadows of Love

冒頭からのグルーヴな嵐に息を呑む。
女性コーラス隊(爆)との性急なまでの火花散る(大袈裟)掛け合い、
そしてヒステリックな魂の叫び。
チラッ(・_| と出てくるペットの音がこれまた哀愁!
まさにモータウン!!(って、よくわかってないが。滝汗)
H&Oの同曲カバーのほうも大変素晴しいので、
こっちも是非聴いてみて下さい。(^_^)  <J>


  Reach Out (1967)



      Mr.Win's RoomThe Four Tops


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー