ESPERANTO





Eleanor Rigby

その昔70年代にはイギリスの人気投票にも
「ロックヴァイオリニスト」の項目があったそうです。
それだけ、バイオリン使ったバンドもプログレ系では多かった。
このレイモンドヴィンセント率いるエスペラントもその一つ。
これは3rdアルバムのオープニングを飾る、ご存知ビートルズの名曲のカヴァー。
カブトムシには造詣は深くないが、これは数あるビートルズカヴァーの中でも、
1,2を争う出来ではないだろうか。
これほど劇的な曲にアレンジしたヴィンセントの才能は恐ろしい。
元の楽曲もいいが、このアレンジでさらに際立つ曲の良さ。
お見事!!   <Akio/M>


Last Tango

イギリスの、特にプログレ系のバンドは、ワルツというか3拍子というか、
このリズムで数々の名曲を作ってきた。
ここはやはり多彩な音楽の伝統がある欧州ならではとおもう。
これは、なんと“タンゴ”である。
他にも、タンゴを使ったHRやプログレはあると思うが、
これ以上の曲はないとおもう。
マサイトウをして「耽美」と言わしめたそのメロディは
幾多のプログレバンドと一線を画す個性を主張している。
なんとも色っぽいヴァイオリンのフレーズにノって個性的なヴォーカルも
全てがハマってる。不朽の名作!  <Akio/M>


Last Tango 1975年



Esperanto Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー