DURAN DURAN





Save a Prayer

この曲はアルバム 「RIO」からの曲。
名盤と言われたこのアルバムは 改めて紙ジャケットで再発売された。
このアルバムでの唯一のバラードであり
ライブ演奏時には必ず演奏される様である。
悲しげで寂しげな導入部、押さえた歌、
刹那的では無いが、でもそうせざる得ない現実。
祈る神はたとえ違って居ても心は同じだなと痛感。
たとえ無神論者でも敬虔な気持ちって
想像がつくかも知れないこの一曲です。   <Eddy.T>


The Chauffeur

この曲も、「SAVE A PRAYER」に負けず劣らずの哀メロです。
リコーダの音色が、涙を誘います。  <みょうが>


Rio (1982)


The Reflex

60年代はBEATLES 70年代はBAY CITY ROLLERS
そして80年代トップアイドルといったらDURAN DURANでしょう
数ある彼らの代表作の中でもこの曲が大好きです
PVもカッコ良かったし
今思うと彼らのPVってかなりエロかったよなぁ〜
放送禁止になった奴もあったっけ? 
GIRLS ON FILMだったかな?    <HIRO>


Union of the Snake

一瞬変拍子かと思わせるような独特のアクセントが好き。
歌メロはもちろんアレンジも魅力的な一曲。
          (2003/04/05)     <ベネトナーシュ>


Shadows on Your Side/運命の影

ずばり、私のナンバー1ソングofデュラン2です。
この疾走感と哀感のコンビネーションが最高!
           (2003/04/05)    <ベネトナーシュ>


      Seven and the Ragged Tiger
 
  (1983)


A View to a Kill

映画「007/美しき獲物たち」の主題歌にして全米NO.1ヒット。
お風呂の中で歌ってるかのような(苦笑)
エコーのかかったボーカルがセクシィ〜!
ドラムの音は今で言う(もう古いか?爆)トランス風。    <J>


View to a Kill  (1985)


A Matter of Feeling

シングルにはならなかったが、シンプル、かつ、しっとりと歌う
サイモンのボーカルが心地良い名曲。
肩の力を抜いて聴きたい曲だ。    <J>


Winter Marches On

これまたシングルにもならなかったー(涙)
ま、それも当然かな?ってくらい、暗いです。(^_^;) 
パーカッションの1音1音づつが重くて、
女性コーラス風シンセが寒くて(苦笑)・・・・ 
哀メロというより極寒サウンドかな? 
でも(だから?)好き。(爆)    <J>


Notorious (1986)
 


Serious

やけっぱちに成ったら聴いてください。
哀メロと言われれば違うかも知れないけれど、相変わらずな短調入りで
一寸斜めな?デュラン節です。
この歌詞で私は慰められています。

                                 (2009/9/28) <Eddy.T>


Liberty (1990)


Ordinary World

起死回生賭けてリリースされた「ウエディングアルバム」の中でも、
美しい旋律と泣かせるギターソロ!!!!
これ無しにはこのアルバムは語れない! 実に意味深なPV。
名手ウオーレン ククルロ参加で有ることも重要な要素で有ると思う。
他にも名曲揃いのこのアルバム。
ニューロマ?っと思われる方も是非聞いて頂きたい。
この世相、歌詞も大変重い内容で聴く度に考えさせられます。
ギタープレイも一聴の価値有りと思います。    <Eddy.T>

切ない切ない、そして美しいバラード。
間奏のアコギがまた美メロ(でも短い。苦笑)    <J>


Duran Duran [The Wedding Album]  (1993)


Pop Trash Movie




ついに三に人成ってからのリリース。
ラスベガスに行ったらしく15秒の覗き眼鏡?
映画?まで体験したらしい。
今までとは違うムーディな出だし。
音遣いはマイナーな音が好きなDuran2。
元々17歳まで声変わりしなかったというサイモンの不安定な声?と
しっかりとしたバックの演奏とコーラス。
何となくこれも寂しい感じと、さよならを言わなければならないと言う歌詞。
15秒だけの夢。
あまり売れなかった様だがウォーレン・ククルロが居た頃は
メロディアスな曲も多く、私個人の考えでは辞めて欲しくなかった。
色々台所事情もあった様でそこは何処でもある話であろうが・・・
時流にのってプロデューサーを変えたりしたが合わないものは
合わないし、30年以上のキャリアも一本筋を通すのも、
廻りの反応次第かと思うと中々難しいと思った。
初心に返っても(オリジナル5)やはりそれだけはファンはついいて来ない。
初期、中期、後期以降とファン層も違っていないか?と思ったり
そうなればウォーレン並みの技量があるギタリストはいるのか?
精一杯頑張っている今のギタリストのお陰で最新作はある様なものだ。
又全盛期の活躍がみたい。
パーティばっかり行かないで。(苦笑)

                                 (2011/9/20) <Eddy.T>


Pop Trash (2000)


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー