DAVID CASSIDY





Lookin' For A Good Time/幸せを求めて

まだ小学生の頃かな?
BCRが出てくる前のことだ。
姉がいる同級生が「デビット・キャシディってかっこいいんよ〜」←と教えてくれた。
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・ そんなカッコイイのかー
だから名前だけは知っていた。(デヴィッドをデビットとずっと間違えたまんまだったが。汗)
それからしばらくしてジャケ買いしたのが(爆)この「幸せを求めて」。
なんか顔の割には、ものすごく低い声でびっくりした。
ハンドクラップの音に乗せ、つぶやくように歌っている。
もう少し抑揚とか、あるといいのになとその時思った。
でもせっかく買ったので随分繰り返し聴いたものだ。(苦笑)  <J>


(1972)


Can't Go Home Again/家を遠く離れて

デヴィッド・キャシディの3枚目のソロ・アルバムからの1曲です。
デヴィッドの自作曲(共作ですが)です。
マイケル・オマーティアンの弾くエレピに導かれデヴィッドの淡々としたヴォーカルが流れていきます。
歌詞もそうですが、曲もデヴィッドの声質にぴったり合ってて
ほんのりと哀愁が漂ってきます。名曲です。
ちなみにシングル盤「デイドリーム」のB面に収められていたのですが、
僕はこのB面ばかり聴いていました。(^^;
(順番でいえば次なのですが、)早期のCD化が望まれます。 <くぼたくん>


夢のつぶやき (1974)



David Cassidy Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー