THE DARKNESS





Get Your Hands Off My Woman

今、巷のHRマニアの間で話題のバンドです。
このダークネス、音は実に基本に忠実なハードロックです。
まさに王道、今の時代に珍しいぐらいに基本的なハードロックなのですが、
天上天下唯我独尊的特徴が、ヴォーカルの裏声。
とにかくファルセットヴォイスが出したくて出したくてタマラン!
とばかりに声をひっくり返してきます。
ある意味ヨーデルに近いかもしれません。
全曲オススメなのですが、一曲だけ選ぶならアルバム2曲目のコレ。
最初から最後まで声裏返りっ放し!
とどめは歌の最後の「カァーーッ!」って雄叫び。
最高です。
最初にラジオで聞いた時は、不覚にもお茶を噴き出してしまいました。 <ひろひろ>

インパクト度ではこの曲が一番だと私も思います。
一度耳にしたら二度と忘れない。
いや、一日中本人が望む望まないにかかわらず(苦笑)
頭のてっぺんでぐるぐる回ってるって感じ。(^_^;)
ワクワクするよなイントロ、ヴォーカルが入ると一挙に曲のカラーがブラックから
ショッキングピンクに変化したよな昂揚感&脱落感。(爆)  <J>


Friday Night

70年代を思い起こさせるどっしりとしたミディアムテンポのバラードも
ジャスティン・ホーキンスのヴォーカルの魔力にかかれば
異次元SONGに早代わり。(笑) 
この人、ほんと凄い。
フレディー(クイーンのハードな曲とシンクロしている)、フォーカスのタイス、
マリリオンのフィッシュあたりと共演させてみたい。
(そしてなにをしようと言うのだ。爆)  <J>  


Permission to Land 2003年

The Darkness Official HP






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー