CROWDED HOUSE





Don't Dream It's Over

おなじみ彼らのデビューシングルにして大ヒットナンバー。
ゆったりとしたE.ギターのストロークからから始まり、
エコーのかかったニール・フィンのヴォーカルが繊細でいて力強い。
歌詞の内容は、国同士の争いの空しさを歌っているようですが、
“ペーパーカップの中に幻想を閉じ込めて” などの洒落た表現、
リフレインされ る “We know they won't win” の言葉が、
多くの人の共感を呼び、大ヒットにつな がったのではと思います。
間奏のハモンド・オルガンのメランコリックなメロディ!
まるで一本の映画を観ているような素晴らしい流れを持つ曲です。 <マーセラ>

3年前に東京オフを開いたときに、HPのお客様より頂いたCD-Rに
この曲のExtended Versionが収録されていた。
2分近いイントロにコーラスが挿入されていて、原曲を上回る壮大な作り。
エコーも更に増大。(笑)
いつか、絶対にこの曲を取り上げたいとその時思った。
まさに1本の映画を観ているような・・・
そして3年前の自分を振り返って感傷に浸るのである。(苦笑) <J>


Love You Till The Day I Die

二ール・フィンが4回吠えて始まります。
強いビートとブラスの音が終始カッコ良 く、シャウト気味にふり絞って歌うニール。
メロディはかなり哀愁ただよって・・・・ KGBサスペンス調? <マーセラ>


Crowded House (1986)


I Feel Possessed

2ndアルバムのオープニング曲。
大ヒットした1st.は哀メロは少な目(?)でしたが 、2ndはオープニング4曲暗いです。
でもこれがいいんです。(5曲目でやっとトンネ ル をぬける爽やかさ!)
この曲は、不安感を煽る奇妙なオルガンのメロディーから始まって、
音数少なく ヴォーカルを際立たせています。
が、だんだんギターもベースも複雑になってき て・・・
ハイライトはサビのコーラス “which way down♪” のハモり。
ハモりはここだけ!
ニールの兄でクラウデッド・ハウスの前身バンド
スプリット・エンズのカリスマ ・リーダー、ティム・フィンのゲスト・コーラスが
優しくピンポイント・ツボ押 し!( 笑)  <マーセラ>


Kill Eye

前出「Love You Til The Day I Die」っぽい
クールなアレンジにシャウト気味ヴォー カル。
やはりスパイ映画っぽい味わいが・・・!?
コーラスはドラムのポール・へスターのようです。 <マーセラ>


Into Temptation

「闇夜」が良く似合う、ストリングスとブラシ(ドラム)の音が効いたナンバー。
優 しいアコギ&E.ギターのハーモニーも素敵! <マーセラ>


Mansion in the Slums

ビートリッシュでいながら、これだけの暗いメロディに陰険な歌詞がはまる、
可愛い顔してスゴイ人たちです。 <マーセラ>


Sister Madly

ひねくれ陰険ロカビリー(笑)。ここでもポールがブラシを奏でています。ニック ・セ イモアのウッドベースもニールのギターソロも見事!
やっぱりメロディが完璧 なんです。 <マーセラ>


Better Be Home Soon

「Don't Dream....」の続編のような優しさと力強いメッセージを持って歌われます。
“So don't say no, Don't say nothing's wrong Cos when you get back home maybe I'll be gone” の
“...アイルビーンゴーン♪” のニールの声に、
胸が キューンと鳴らない女性がいるでしょうか??
そのあとのハモンド・オルガンの切ない響き・・・涙腺がやられます。
そしてティム ・フィンがまた、サビを素敵にハモってます。 <マーセラ>


Temple of Low Men (1988)


Chocolate Cake

ニール・フィンは天才、でも兄ティムの才能も凄かった!
その「つかみはオッケー」 (笑)なアルバム・オープニング曲。
これまでのクラウデッド・ハウスにない、強烈な風刺の効いた歌詞が圧巻!
場末のキャバレーのようなサックス・ソロもいい味出 してます。 <マーセラ>


Weather With You

イントロのギターのメロディがとにもかくにも美しいナンバー。
ニールはギターの名手でもありますね。
静かな川のほとりが似合う感じ。   <マーセラ>


Four Seasons in One Day

切々と歌い上げるニールのソロヴォーカルに、
またしてもツボにはまる “Blood dries up....♪“ ティムのハモりが失禁級!(爆)
エンディングで音数が一つ一 つ減っていって、
2人だけのハーモニーでFINN。(決まった!ん?字余りN!笑) <マーセラ>


All I Ask

オケは本格的なストリングス。
抑えたアコギ、ブラシにウッドベース。
切なく切 なく歌い上げるはティム・フィン。
スケールの大きさを感じます。 <マーセラ>


Woodface (1991)



Crowded House Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー