COZY POWELL





Killer

コージーの他には、ジャック・ブルース、ゲイリー・ムーア、ドン・エイリーという
目の玉の飛び出るような豪華な面子で一発録りした、心地よい疾走感に溢れる曲。
60歳前後になった今の彼らの「KILLER」を聴くことができるのなら、
それもまたとても興味深いものになりそうですが、
肝心のコージーがいないことが惜しまれてなりません(T_T) <ニセ・リッチー>


Heidi Goes To Town

ドン・エイリーの哀感漂うキーボードのメロが光る小品。
こういう楽曲での落ち着いたプレイもまた
コージーの魅力の一つです。 <ニセ・リッチー>


The Loner

コージーとはJBG時代の僚友マックス・ミドルトンのペンによる作品。
ゲイリー・ムーアのカヴァーでもよく知られています。
(個人的にはゲイリー版の方が好きですが…)
オリジナルのこちらも、RAINBOW直前のコージーと
STRANGE BREWというバンドを組みかけたデイヴ・クレムソン(元HUMBLE PIE)の
ギターが泣きまくっています。 <ニセ・リッチー>


Over The Top

コージーのライヴでのソロ・タイムを再現した作品。
前半の疾走感抜群のインスト・パートも、ドン・エイリーが流石に
ぬかりなく作り上げていますが、やはり圧巻は後半の「1812年」。
曲終わりに思わずロニーのように「コージー・パウエーーーッ」と
コールしたくなること請け合い(笑)
本当に格好良かったなぁ、と過去形で
言わねばならないことがなんとも…(-_-;)  <ニセ・リッチー>


Over the Top (1979)


Sunset

タイトル通り、夕景がありありと目に浮かぶような、
ゲイリー・ムーアのギターが泣きまくる傑作インスト。
コージーのプレイした数多くのナンバーの中でも屈指の哀愁度を誇ります。
絵が浮かぶような、と書きましたが、この曲にひけをとらない
絵を描ける・撮れる人が果たしてこの世にいるのでしょうか。 <ニセ・リッチー>


Living A Lie

元々はCOZY POWELL'S HAMMER時代の作品と言われているバラード。
そのHAMMERのヴォーカリストだったフランク・アイエロの絶唱と、
同じくHAMMERのギタリストだったバーニー・マースデンのギターが、
「さぁ泣きなさい」と言わんばかりに胸に迫る傑作です。
これだけいい声をしているアイエロが当時、コージー曰く
「ロンドンでバスの運ちゃんやってるよ」という境遇にあったことにまた涙。
今はどうしてるんだろう…。  <ニセ・リッチー>


Tilt (1981)


Formula One

車の大好きなコージーらしいタイトルですが、
華やかなスピード・チューンではなく、むしろやや暗め。
メル・ギャレイのギターが全編にわたりもの悲しく響く佳曲です。 <ニセ・リッチー>


The Rattler

当時ある程度まで話の進んでいたデイヴィッド・カヴァディールと
マイケル・シェンカーの合流話。
その仲介役の一人がコージーだったわけですが、本作はシェンカーのために
カヴァディールとコージーが書いた作品と言われています。
コージーのパワフルなドラムの楽しめる明るいスピード・チューンですが、
どこかしら哀感を帯びたメル・ギャレイのギターも素晴らしい。 <ニセ・リッチー>


Octopuss (1983)


Battle Hymn

コージーの他にニール・マーレイ、ジェフ・ニコルスと
様式美SABBATH組が揃い踏みした作品。
当然ながら、いかにも様式美SABBATHっぽい闇夜を思わせる曲調。
これで、泣きまくるギターに本家アイオミの重さ・深さがあれば、
間違いなく「HEADLESS CROSS」「TYR」に入っていて
まったく違和感がないはずです。  <ニセ・リッチー>


Classical Gas

コージーとFORCEFIELDというスタジオ・セッション・ユニットを
組んでいたレイ・フェンウィックがギターをプレイ。
哀感たっぷりのこのギター・メロは反則ものです(苦笑) <ニセ・リッチー>


Somewhere In Time

コージー&ニコルスのSABBATH組とブライアン・メイ&ジョン・ディーコンの
QUEEN組ががっちりと組み合った作品。
ブライアン、ちょっとゲイリー・ムーアを意識したのかな、というプレイで、
ゲイリーに負けず劣らず泣きまくっております。
この作品は、コージーも参加したブライアンのソロ・アルバム
「BACK TO THE LIGHT」に、「NOTHIN' BUT BLUE」と改題され歌詞を載せて
収録されました(ちなみにアレンジメントはほぼ同じ)。 <ニセ・リッチー>


The Rocket

「CLASSICAL GAS」同様にギターが泣きまくる疾走ナンバーですが、
終始的確にバックで守り立てるジョン・ロードのハモンド・オルガンも
もちろん素晴らしい。   <ニセ・リッチー>


The Drums Are Back (1992)


All I Wated Was Your Love

コージー&ニール・マーレイの仲良しコンビをバックに、
抜群の歌唱力を誇るジョン・ウエストの声がしみてくる、
別れた恋人への愛を唄った失恋ソング。
「ただそばにいてほしかったんだ」とは、ファンのコージーへの思いを
代弁しているかのようです(T_T)   <ニセ・リッチー>


Especially For You (1998)



Cozy Powell Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー