CHICAGO




25 Or 6 To 4/長い夜

全米NO.1ヒットにはならなかったけれど、私にとってはNO.1シカゴの曲。
曲自体はナチュラル・マイナー・スケールを
ただ繰り返し流してるだけなんだがー。(汗)
この曲を聴いてから、かったるい(爆)吹奏楽部に
嫌気をさすようになったことが、遠い昔あったような気がする。(苦笑) 
「シカゴ18」収録の同曲も嫌いではないけど、やっぱりオリジナルの
ブラスとギターのほうが迫力があって好き。  <J>


   Chicago II 1970年


Song Of The Evergreens

心が沸き立つようなインストの名曲「Mongonucleosis」のあとに
w( ̄△ ̄;)wおおっ!? ジャスミン好みの哀メロがーーー!!
この曲は珍しくホーン・セクションのリーが
リード・ボーカルをとってるのだがいやはやお見事。 
ラストのバックも熱い。   <J>


Byblos/思い出のビブロス

これもまたツボにはまりましたね〜(^▽^;)
テリー・キャスのたたみかけるようなメロディーラインの美しさには
ただただ息をのむばかり。。。   <J>


Chicago VII 1974年


If You Leave Me Now/愛ある別れ

高校の同級生が中学の時、好きだった先輩が卒業して行った晩
この曲を繰り返し聴きながら泣いた、
という話に( ̄。 ̄)ホーーォ。と思ったものだ。(苦笑)
それから私はこの曲を聴くたびに彼女のことを思い出してしまう。 <J>


Chicago X  1976年


Hard To Say I'm Sorry/素直になれなくて

80年代の代表曲じゃないでしょうか?
どこのCD屋さん(当時はレコードだったかな?)かかってました。
とても美しいメロディですね。 
この曲のギター・ソロってスティーヴ・ルカサーが弾いてるんだよね。 
すごく印象的なフレーズでした   <HIRO>


Love Me Tommrow

上の「素直になれなくて」同様、哀しいというより美しく、
そのハートフルな流れにじ〜〜んとさせられる曲。  
サビの手前の展開が自分的に「ツボ」。(爆)   <J>


Chicago 16 1982年


Only You

大好きなロバート・ラムの哀メロ&キャッチーSONG!
なぜこの曲がシングル・カットされなかったのか未だに不思議・・・  <J>


We Can't Stop The Haurtin'/ストップ・ザ・ハーティン

これまたロバートがリード・ボーカルをとる、スリリングなAOR。
このアルバムにはピーターとD・フォスターが手がけた
珠玉のバラード・ヒットがひしめきあっているが、
私はこういった疾走系のほうが好きだったりする。(苦笑)  <J>


Chicago 17 1983年


Will You Still Love Me?/スティル・ラヴ・ミー

後で知ったけど、ラブバラードの大傑作、らしい(^^;;。
どういうはずみで聞いたのかも忘れたけれど、
テープが擦り切れるくらい聴きました。
もともとシカゴはブラスの入り方が気に入ってたんだけど、
これは弦が素晴らしい。
詩もボーカルもコーラスも、後半のたたみかけるアレンジも、何もかも切ない。

Just say you'll love me for the rest of your life
I gotta lot of love and I don't want to let go
Will you still love me for the rest of my life?
'Cause I can't go on If I'm on my own

哀愁、はあまり漂ってないけど、ひたすら感動的、の一言。 <あず>


If She Would Have Been Faithful/フェイスフル

カノジョに浮気されて振られるオトコの曲。
それだけで十分哀愁漂うのに、去り際に
「振ったのはボクのほう、愛を教えてくれたカノジョに感謝しよう」
と強がるオトコ。
イントロは暗くてどうなるんだろうと心配されるがしかし、
シャウト調の歌いっぷりはなかなか男らしい。
でも「もしカノジョが誠実だったらぁぁぁ・・・」とフェイド・アウトしていくのは、
やっぱりちょっと情けない(爆)。   <あず>


Chicago 18  1986年


We Can Last Forever

ピーターの後任のジェイソンが伸びやかに歌い上げるスローバラード。
サビからのキャッチーな哀メロの美しさには感動!   <J>


Runaround

これは軽快なラブ・ソングなんだけど、
2人のボーカルがとっても良くてしみじみしてしまう。(苦笑) 
哀メロ部分はラスト1小節だけど。(爆)   <J>


      Chicago 19 1988年 

                           


                

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー