BONNIE TYLER




Sitting on the Edge of Ocean/哀しみのオーシャン
  

第10回世界歌謡祭のグランプリ曲である。
「女ロッド・スチュワート」と呼ばれていたのは日本だけのことだったのか?
あっちは「セイリング」でこっちが「オーシャン」なんだから、
なにかとセットにされても仕方ないか・・・・(苦笑)
元々知名度はあったがこの曲をきっかけにボニー・タイラーの名は
洋楽好きでなくても日本では有名になるのだった。
またこの曲のカバーで葛城ユキがデビューした。
今度は「和製ボニー・タイラー」だ。(-_-;) 
当時のキャッチ・コピーってなんだか少し哀しい。。  <J>


Goodbye to the Island 1981年


Total Eclipse Of The Heart/愛の翳り
 

80’sを代表するバラードの名曲。
女ブライアン・アダムス(笑)と言われた彼女の
力強いハスキーボイスが魅力的。
しかし、このメロディは絶品だ!   <kenn>

悲しみ炸裂のピアノをバックに
フランキー・ミラーとの掛け合いが泣かせる全米NO.1ヒット。
臭いほどのドラマティック・ナンバー。(滝汗)
サビも素晴らしいのだが、自分的にはAメロ部分が好き。  <J>


Faster Than The Speed Of The Night 1983年


Holding Out for a Hero/ヒーロー

映画「フットルース」のサントラより。
この曲もまたたいへん売れた。
日本では葛城ユキや麻倉未稀もカバーして、当時の人気ドラマ
「スクール・ウォーズ」の主題歌ってこともあって、
イントロを聴いた途端「血が騒ぐ(爆)」人も
多いのではないだろうか?(苦笑)  <J>


Footloose [Original Soundtrack] 
 1984年
Secret Dreams & Forbidden Fire 
     1986年  


Stay

いつの頃からか彼女の声を耳にすることが少なくなった。
ところがどっこい(笑)、
彼女はしっかり2〜3年ごとにアルバムを出しているのだ!
これはタイラー40歳の頃の曲。
ハスキー・ヴォイスはそのまんまだが(苦笑)、
ピアノとストリングスに乗って丸みを帯びた
ハートフルなバラードを聴かせてくれている。(^_^)
今後5年後、10年後・・・還暦を過ぎたとしても彼女のゴージャスな風貌と
パワフルな歌声は衰えることはないだろう。   <J>


Silhouette in Red  1993年



                   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー