BON JOVI





Runaway

84年のデビューアルバム収録曲。
当時私は洋楽冬眠期間に入っていた為
リアルタイムで聴いたボン・ジョヴィはこの曲だけ。(苦笑)
まさに疾走系哀メロで、初めて聴いた時の衝撃度は大だった。 <J> 


Get Ready

デビューアルバムからの最後の曲。
この曲もこれからライブで頻繁に演奏して欲しい曲の一つ。 <ずみ>


Bon Jovi (1984)


Tokyo Road

日本びいきの彼等らしく、タイトルからして何かやってくれそうな
予感がしたが案の定だった。(笑) 
イントロに「さくら、さくら」を使用しており
日本のファンには忘れられない1曲となっていることだろう。
本国アメリカではほとんど無視され、自分たちを認めてくれた
日本のファンへの感謝の気持ちであろう。  <イアラ>

初めてボン・ジョヴィを認めた国,日本への恩返しである。
イントロのオルゴールは,日本のファンからのプレゼントで効果的に使われている。
「トキヨー・ロード」と発音するジョンがカワイイ。笑
「トウケイヨー・ロード」じゃなくて良かった。爆  <さとし>


7800°Fahrenheit (1985)


Wanted Dead Or Alive

彼等を世界的なビッグ・ネームにした傑作
「ワイルド・イン・ザ・ストリーツ」からの
3枚目のシングル・カットで最高は7位。
西部劇を想像してしまうようなメロディーが印象的で、
個人的には連続1位を記録した2曲よりも気に入っている。 <イアラ>

イントロのギターは,実に哀愁を漂わせてくる。
リッチー・サンボラが歌うと,さらに哀愁度が増す。
BACK IN THE SADDLE(エアロスミス)からの影響アリ?  <さとし>

憧れのカウボーイの曲です!(笑)
ライヴでのジョンとリッチーのツイン・ヴォーカル&ギターは圧巻!! <TAKA>


Without Love

メロディーの美しいバラード調の曲。 
シングル・カットすれば大ヒット間違いなしと思われただけに残念。 <イアラ>


Never Say Goodby

コーラスの「Never say goodbye, never say goodbye」はジーンとくる。
アコースティックで聞かされたら感動度2割増でしょう。
ツアーの最終日、アンコールラスト曲に最適!  <さとし>


I'd Die For You

「夜明けのRUNAWAY」とよく似た(爆)曲。
ジョンの叫びが妙に胸を締め付ける。  <J>


Slippery When Wet (1986)


Ride Cowboy Ride

シングルヒット以外と言う事で「New Jersey」からこの曲を取り上げました。
この曲は実際は誰かのカバーですが、
89カウントダウンライブの時に演奏され
ジョンとリッチーが一つのマイクで一緒に力をこめて
歌っていたのが思い出に残っています。
だけどCDでも最初のレコードのパチパチ音もいいなあと思います。
最近のライブではほとんど演奏されなくなってしまいとても残念です。
自分では勝手の隠れた名曲にしています。  <ずみ>


Living Sun

4th「NEW JERSEY」より何と5枚目のシングル・カット。
他のハード系のバンドから見ればとても信じられないことである。
惜しくもトップ10入りは逃したが地味ながら美しいバラードだ。 <イアラ>

「どこから始めたらいいのだろう/俺達はどこに落ち着くのだろう/
罪を犯しながら生きて…」という正直な気持ちが表れている。
愛する少女へ優しく語りかけている。  <さとし>


Wild Is The Wind

4th収録曲でボン・ジョヴィ節の爆発した名曲。
シングル・カットすれば大ヒット間違いなしの
彼等らしいノリだけに残念。   <イアラ>

「ワイルドなのは風/今夜の俺のハートに吹き込む風/
俺達を引き裂く…」と,孤独に嘆いている。
このツアー後,もっと孤独感を味わうことに…。 <さとし>  


I'll Be There For You

4thから2曲目の全米No.1ソング。
個人的にはこれが1位になるとは意外な感じがした。
何となく西部劇を連想してしまうイントロが胸に響く。  <イアラ>

リッチー・サンボラのコーラスが,この曲をよりいっそう良いものにしている。
ライブでは8分近く演奏されることもあり,
心地よいメロディを十分に堪能できる。  <さとし>


Homebound Train

NEW JEASEYのアルバムからの
隠れた名曲と勝手に決めさせて頂きました。
ライブではまず演奏されそうもないので少し残念。  <ずみ>


Blood On Blood

最高ですね!疲れたときに聴くと「よし!」って気になります。
やっぱ『ニュー・ジャージー』の曲はどれも良い!  <TAKA>            


 

New Jersey (1988)


In These Arms

歌詞の意味はイマイチわかりません(爆)が
サビにかけてのあの盛り上がり方がなんともいえません♪
歌詞がわからない私ですがなにか好きな人に
歌ってほしぃなぁってそんな曲です(^m^*)エヘ
で?これで悲しい曲っつったらウケちゃうんですが・・・(苦笑)  <まい>

歌詞を直訳するとチョット赤面してしまうが,感情をストレートに表した曲である。
ジョンのヴォーカルが醸し出す高揚感はなんともいえない。 <さとし>


Bed Of Roses

ボン・ジョヴィ人気もこれまでかと思ってしまった
5th「KEEP THE FAITH」からのシングル・カット。
最初はピンと来なくて「ボン・ジョヴィもこれまでか」と
一瞬でも思った自分が恥ずかしい。
聴けば聴くほど曲の素晴らしさに引き込まれてしまう
究極の哀メロかもしれない。
チャートではトップ10入りはするものの1位にはなれず寂しい思いもした。
個人的には94年に観た東京公演のオープニングが忘れられない。<イアラ>

アルバム KEEP THE FAITH からカットされたシングルの中では
チャートの成績は一番良かったが,
それでもこの時期のボン・ジョヴィは辛い…。
ピアノが奏でるメロディは非常に美しい。
CAMA DE ROSAS というスペイン語ヴァージョンも存在する。 <さとし>


Dry Country

10分弱にわたる叙事詩的曲である。
賭けに敗れた男の哀れな姿が見られる。  <さとし>


Keep the Faith (1992)


Always

歌詞の意味は、わからないんですけど、な〜んか?
いいんですよねぇぇぇ‥。ジョンの声にうっとり‥。  <く〜ちゃん>

サビよりも、前半部分が断然良い! 
前半特に哀メロ!(こだわり)     <J>

No.1パワー・バラードでしょう!
出だしからキーボードが非常に効果的に使われていて,
途中,間奏部ではギターとドラムがおしてくる。
そして最後は感動的な終わり方である。
是非、ライブ映像を見ていただきたい!  <さとし>


Cross Road (1994)


This Ain't A Love Song

哀メロアルバムTHESE DAYSの中で、哀メロ度No.1の曲が
この曲This Ain't A Love Song。
失恋ソングだが、ジョン・ボン・ジョヴィの実体験ではないらしい。
コーラスの「君への愛が失せたなら、涙の数が足りないというのなら
僕が間違ってたということさこんなもの、ラヴ・ソングなんて呼べないよ」
にはグッとくる。
スペイン語ヴァージョンも存在し、こちらもまた良し!  <さとし>


These Days




「最終的に頼れるのは他の誰でもない自分自身だけだ」と言っている。
頂点まで登りつめようとする者達の希望と野心を歌った曲。 <さとし> 

        

イントロのアルペジオは気が付くと自分でも弾いてたりします。(笑)
このアルペジオは最高にクールですよね!
途中の転調もたまりません。   <TAKA>

イントロだけでご飯が3杯食べられる、切なさ・寂しさに満ちた良品。
ライヴの締めの定番曲でもあります。

ショウビズで成功は収めたものの、
「これから僕らはどこへ行くんだろう」
「これから世界はどうなっていくんだろう」
という不安漂う歌詞も、今の自分と年の変わらぬ頃の
ジョンが書いたことを思うと感慨深いものがあります。

やっと見られた2010年のライヴ、最後はこれだと思ったのに「Livin' On A Prayer」
で終わりガッカリ(いや、これはこれでもちろん最高にいい曲ですが)
ジョン、次のジャパンツアーでは聴けるのを楽しみにしてるよ!

                              (2011/9/2) <ニセリッチー>  


These Days (1995)


Thank You For Loving Me

ジョンが目を閉じて歌っているビデオを見ながら
聴いていたら、じ〜んとしました。涙。  <く〜ちゃん>

      

映画『ジョー・ブラックをよろしく』での,ブラッド・ピットの台詞から
そのままいただいている。
「ファンのみんな,バンドを愛してくれてありがとう」的意味合いも
込められているのであろう。  <さとし>


Crush (2000)


Right Side Of Wrong

詩、曲ともに最高!
『BOUNCE』のツアーで生で聴いたら鳥肌モンでした。
21世紀の『Always』とでも言えましょう!   <TAKA>


Bounce (2002)


What Do You Got?




神バラードだと思います。
自分のために歌ってくれてると勝手に妄想してます←世界を敵に回す勢いw
最新のベストアルバムに入ってます。


                                     (2012/2/3) Mii        


Bon Jovi Greatest Hits -
The Ultimate Collection
(2011)



                   

   

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー