BOBBY VINTON





Mr Lonely




ボビー・ヴィントンの1964年の大ヒット曲で、
オールディーズベストなどによく収録 されてる曲です。
私がこの曲と出会ったのが「グローイング・アップ」という映画でした。
この映画は1950年代をイメージした青春コメディで、
主人公ベンジーの片思いの彼女は、友人ボビーの恋人。
ある日彼女はボビーの子供を身ごもってしまうのですが、
ボビーは「俺の子じゃないかもしれないし、俺の責任じゃない」と冷たく言い放ちます。
傷ついた彼女を支えたのが、ずっと片思いだったベンジー。
ベンジーはバイトで貯めたお金で中絶費用を出してあげます。
妊娠を知ったとたんに別れを切り出した元彼ボビーと違い、
優しさに溢れるベンジーに心が傾いていくのでした。
前から好きだった彼女と一緒になれて有頂天になったベンジーは、
バイト代を前借して指輪を買います。
そして、指輪をもってパーティー会場に駆けつけたベンジーを待っていたのは… !
元彼ボビーと再び寄りを戻して、キスをしていた彼女でした。
この衝撃のラストシーンで流れるのが、「ミスター・ロンリー」なのです。
涙を流しながら帰路につくベンジー、天国から地獄に突き落とされたような
切ない気持ちに、実にマッチしたBGMとして流れるのです。
ああ、青春って甘いだけではなく辛いこと悲しいこともあるんだなって思った10代でした。

                            (2011/1/23) <にゅーめん>


Mr.Lonely (1964)


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー