ARCH ENEMY





Bury Me an Angel

僕にとっての初アーク(初アモット)は1stのこのオープニング曲。
コレは衝撃的であると同時、懐かしさも感じました。
HMってこういうもんだったんだ、思い出したというか。
なんか不思議な感覚でした。
怒濤のリフが走り出すイントロから、いきなり強烈なギターメロが
切り込んできた段階で「参りました(゜o゜)」です(笑)
マイケル・アモットのギターは久しく忘れていた
HMのギターソロの素晴らしさを思い出させてくれます。
個人的に現代No.1HMギターソロを弾く男はこのアモット兄であると思ってます。
デス声?なにそれ(゜o゜)カンケーネ〜   <Akio/M>


Black Earth (1996)


Silverwing

メジャー展開の楽曲なのに、どこか哀愁のある1曲。
まるで大空を飛翔するかのような曲展開、
そして明るさの中にも泣きのメロディが溢れるギターソロ、
身体を自然に動かしたくなってしまうリズム、
この曲の全てに対してカタルシスを感じるのは私だけでしょうか?
これはもうメロデスというジャンルを超越した
「90年代を代表する名曲」だと思います。

聴かず嫌いをしていて、本当に損をしてしまいました。 <とも@音楽>

全く同感です! 
アーク・エネミーと聞くと真っ先に浮かぶのがこの曲だったりする。(^_^;)
決してマイナーKeyが主軸ではないのにね。  <J>


Seed of Hate

常に兄ちゃんの影に寄り添っている可愛い弟(笑)クリストファーが
中心となって作った曲らしい。
小刻みなリフとインパクトあるソロが印象的。
ドラムのダニエルも大健闘!    <J>


Burning Bridges

タイトル・ナンバー。
重苦しい雰囲気の中ヨハンの咆哮が響く。
苦しげだ・・・血は吐かないのか・・・そんな余計なお世話気分になって
こっちも気が滅入る。(苦笑) 

そして彼はその後クビになってしまうのだ。(涙) 
5分を超える曲だが、自分的にはヨハンのボーカルが終わった後半2分の
延々と続くフレージングが悲しげで好きだったりする。(^_^;) <J>


Burning Bridges (1999)


Enemy Within

哀愁漂うピアノのイントロから一気に畳み掛けるようなイントロ。
激しさの中にも美しさのあるメロディに野獣のようなボーカルが魅力的です。
とにかくリフのカッコよさが光る曲です。  <にゅーめん>


Heart of Darkness

女性のように甲高く叫ぶ男性ヴォーカルがいるように、
男声で吼える女性ヴォーカルがいてもなんら不思議はない。
でも、このアルバムを最初に聴いたときは
驚き桃の木山椒の木だった。(爆)
助っ人キーボードのペル・ヴィバリが奏でる
バッハorヘンデル風メロトロンと絡み合うギター、
そしてアンジェラ・ゴソウの男気溢れる(爆)ヴォーカル。
どことなく厳粛ささえ感じられる程、重厚な曲だ。  <J>


Web of Lies

スピード、そしてキラキラ感(笑)を満喫できる、
一言でいうと「かっこいい(笑)」曲。
アラビア風味の間奏もイカしてるが、高音でも決してか細くならない
ゴソウの底力、お見事。   <J>


Snow Bound




この曲と出会わなかったら、Michael Amottに関心は抱かなかった...と思う
この曲の物悲しくも美しい旋律に魅せられた私は、
すぐさまフレンド申請したのだった(笑)(←意味不明^^;;)

                             (2010/6/7) <micha* >


Wages of Sin (2001)


Dead Eyes See No Future

メロディが減退し、よりブルータルになったとの批判も多い、この
アルバムの中で、もっともアーチエネミーらしい曲かも・・
超攻撃的ながら、サビのバックで奏でられる哀愁感はさすが!
「で〜っどあ〜〜い!し〜〜の〜〜ふゅ〜〜ちゃ〜!」と咆哮しまくる
アンジェラのデス声と見事に融合しているギターが、か・・かっこえ〜の。 <kenn>


Marching on a Dead End Road

なーんか前作に比べて哀メロが少ないなぁ〜と
がっくり肩を落としたものだが、その中で異彩な光を放つこの曲。
まるでアランフェス協奏曲(爆)のようなメロディアスなアコギのインスト。
でもすぐ(1分17秒)終わる。(-_-;)     <J>


Anthem of Rebellion (2003)


Nemesis

超攻撃的Voとメランコリックなギター・・
これほど、見事に高次元で融合した曲があっただろうか?
ひたすら、「首振りまくれ〜!的」に疾走するこの曲・・。
・・そしてサビにおける、号泣必至の哀メロ・・
この涙腺を刺激するなんともいえないギターの甘いトーン・・。
まさにパーフェクト!
咆哮しまくるアンジェラのデスヴォイスにも、
なんか哀愁を感じてしまうからアラ不思議(笑) <kenn>


アルバム「DOOMSDAY MACHINE」収録のキラーチューン。
発売日に念の為HMVで試聴したのですが、この曲を聴いて鳥肌が立ちました。
怒涛の如く突進するアグレッシヴなリズムから、
一転してスローに落としアモットの美しいギターソロ、
そして怒りと悲しみに充ちあふれたアンジェラの力強い咆哮。。。まさに完璧。

アーチエネミーファンのみならず多くのHR/HMファンが
「信じてきて良かった」と感じる瞬間と言えるかもしれません。 <とも@音楽>


Doomsday Machine (2005)



Arch Enemy Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー