AL GREEN





Let's Stay Together

大ヒット曲にして定番ナンバーですが、
アル・グリーンの最も有名な曲であり、又ラヴバラードの名曲。
タランティーノの映画、「パルプ・フィクション」でも使われてました。 <Ryo>

ゴテゴテのロックと比較すると、断然器用でスマートな(笑)感のする
ソウルのラブ・バラード。
この曲なんて特にそう。
イントロのブラスを聴いただけで70年代に逆戻り。 <J>


Let's Stay Together 1972年


Love And Happiness

ちょっと重たく引きずるようなリズムが何とも言えずいい感じ。
いわゆる彼の所属レーベル「Hi」のお抱えバンドの特徴です。
イントロのギターフレーズのくずれるような感覚と
オルガンの哀愁がまさに哀メロ感覚だと思うんですが、
Jさんどう思いますか・・。   <Ryo>

あ、私もこれ、哀メロだと思います!(^_^)
オルガンもブラスもコーラスも(いい意味で)歪んで聴こえて、
アルのヴォーカルを最大限に引き立てていますねー  <J>


Simply Beautiful

ミョーにバックが大人しい(爆)、いかにもオトナなSOULバラード。
語りかけるようなアル・グリーンの低音〜高音までの魅力満載。
控えめにしてインパクトのあるギターの音色が好き。  <J> 


I'm Still in Love With You 1972年


You Ought to Be With Me

これはもう、イントロがめちゃくちゃ泣いている。
ところがアルのボーカルが入った途端、いいしれない暖かさに包まれ、
それがまた切なかったりもする。   <J>


Call Me 1973年






SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー