ARTHUR ALEXANDER





Anna




ザ・ビートルズやハンブル・パイのカバーで有名な曲ですが、
ここはあえてオリジナルのほうを選んでみました。
アーサー・アレキサンダーによる元曲ですが、
オールディーズベストなどに収録されていることはほとんどありませんし、
フィフティーズ・スタイルの店で流れてるのも聴いたことがありません。
wikiによると、ポップチャートで68位だったというから、世のほとんど人にとって、
この曲はビートルズ版が最も有名で次ぎがハンブル・パイ版じゃないでしょうか。
というわけで、私もアレキサンダー版は、youtubeで聴いたのが初めてでした。
非常にバンド・サウンドしていてロック・テイストの強いビートルズ版、
静と動の落差が激しいハンブル・パイ版と違い、
もっと甘いポップ・バラードに仕上がっているのがわかります。
アレキサンダーのボーカル・スタイルは、実に大人。
アダルトで黒人特有の粘っこさのある歌い方は、
とくにサビにおいてより効果的に響いていると感じます。
ジョン・レノンの青春の叫びみたいな歌い方、
スティーブ・マリオットの魂の叫びみたいな歌い方も実に味わい深いのですが、
アレキサンダーの歌声も心に響きますね。

                               (2011/1/23) <にゅーめん>


THE GREATEST ARTHUR ALEXNDER
(1993)


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー