A−HA





The Blue Sky

中学時代に「テイク・オン・ミー」よりよく聴いてた曲。
評論家の誰かが言ってましたが、実は1stは「テイク・オン・ミー」が
一番つまんないというのはそうかもしれない。
ちょっと浮いてるんですよね。
この曲は北欧の冷たい空が浮かぶような小品かつ一品。 <元がくせえ>


Hunting High and Low(1985)


The Blood That Moves the Body

爽やかな中にも、どことなくミステリアスでダークな雰囲気が漂う佳作。
特にサビの展開が切ない。   <J>


Stay on These Roads(1988)


Early Morning

モートンのボーカルが楽器のように
滑らかなメロディーにうまく乗って気持ちよく流れる
スケーターズ・ワルツみたいな曲。(爆)  <J>


Slender Frame

ア−ハも、この頃はどれくらいの人が聴いていたんでしょうね。
哀愁味溢れる「crying in the rain」のカバーもいいのですが、
ここはオリジナル曲で選びました。
イントロのキーボードの音で決まり!って感じですね。
名曲だと思います。
ちなみに、哀愁味だけならば(これもオリジナル曲の)
「early morning」の方が上でしょうけれど、
楽曲のクオリティで、こちらにしました。  <くぼたくん>


East of the Sun, West of the Moon(1991)



A-HA Official HP


SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー