10cc





Old Wild Men

ゴドレー&クレームが書いたとっても切ないバラード。
ツインボーカルの駆け引きが美しい。 <J>

Sheet Music (1974)


I'm Not In Love/アイム・ノット・イン・ラブ

時の日本ではさほどHITしなかったが、最近車のCMから
再び多くの人の耳に入ってくるようになった。(嬉)
きれいなメロディーラインとは裏腹に「ボクはキミを愛してなんかいないよ」と
うんざりするくらい繰り返す歌詞の内容がもの哀しい。(苦笑) <J>

哀メロと言えばこの曲。
とっても優しいメロディと歌声なのに、なぜか、出だしから、
『君を愛してないよ』っと言い放つところが、とっても印象的で悲しかった。
『君の写真を壁にかけてるけど、ただそれは壁のシミを隠すためだけ』、
なんて凄いイジワルな言葉が続く。
とても、メロディからは想像できない歌詞でした。   <SYCO>

The Original Soundtrack (1975)


Don't Hang Up/電話を切らないで

上で↑散々相手を傷つけたくせに、今度はうって変わって
嫌われているのにしつこく電話で哀願している。(情けない・・・苦笑)
最後は話の途中で電話をガチャリと切られてしまう。やっぱり哀しい。(爆) <J>

I'm Mandy Fry Me/アイム・マンディ

変速に対応(?)したエリックのボーカルが素晴らしい。 <J>

How Dare You? (1976)


The Things We Do For Love/愛ゆえに

ゴドレー&クレームが脱退してエリックとグレアムがたった二人で
(正確にはパーカッションに一人参加しているが)ライティングと
演奏をこなした。この曲はさほど哀しい曲ではないが、日本で初めて
HITした曲であり、私にとっては哀メロなのです。 <J>

People In Love/恋人たちのこと

邦題「恋人たちのこと」。
名曲「アイム・ノット・イン・ラヴ」や「愛ゆえに」の陰に隠れていますが、
これまたエリック・スチュワートのソングライティングが光る逸品です。
やはりUK好きとしては10ccははずせないよね〜。 <元がくせえ>

Feel the Benefit, Pt. 1-3

ゴドレイ&クレームっていかにも奇才っていう感じでなんか仕掛けてくるという感じ だけど
エリック&グラハムってひたすらメロディアスというイメージがある。
その2組が化学反応をおこして10ccだったのだけど、
本作の収められたアルバム から ゴドレイ&クレームが脱退してしまい
非常にポップなアルバムになっているという印 象なのは
やはりエリック&グラハムの嗜好だろうか。
さて、本作。パリの一夜、電話を切らないで、に続くオペラチックな超大作第3弾である。
なんといってもストリングスの響きが素晴らしく、
ラテンブレークの前の盛りあがりはとんでもなくすんごいのである。
ギターソロでは相変わらず2人共芸達者なところをアピール。
しかしですぞ、皆様。
私の持っているLPのライナーノーツは、あの今○雄○氏が執筆。
LPは実家にある ので 詳細は覚えてないけど、記憶のまま書いてみると・・・
<オリジナルサウンドトラックのライナーでアイムノットインラブをスルーしち ゃった、orz。
 ライナー書いたあとでどんどんあの曲が私のなかで膨らんでいきますた。
 グロウ、成 長するのが10ccの音楽なのだあ。>
うーむ。いかがなものか。
書くほうも書くほうだけど、載せるほうも載せるほうですな(笑)   <いまち>

Deceptive Bends (1977)

            


For You And I

コーラスが心に染みる美しい曲。
途中で例の(?)すっとぼけた展開になるのか?と思いきや
最後まで淡々と物悲しく流れていく。(苦笑)   <J>

Shock On The Tube(Don't Want Love)

邦題「地下鉄でドッキリ」(苦笑)
これぞ10ccにしかできない波乱万丈ミュージック!(爆)
淋しげなバラードから3転4転・・・・ 息つくヒマがありません。
とにかく面白い。途中の疾走哀メロ部分にはこっちのほうがドッキリ!<J>

Old Mister Time

イントロから凄まじい哀メロの応酬。
ピアノの音までが泣いてるように聴こえる。(苦笑)
サビのポエトリー・リーディングといい、ちょろっと出てくる(爆)
ギターの音色、エリックのボーカル、とにかく素晴らしい。   <J>

Bloody Tourists (1978)

            


Don't Send We Back

ギターのリックが書いてリード・ボーカルもとっている異色の作品。
走りながら(爆)泣きたくなるような切なさを感じる。   <J>

I Took You Home/愛のホーム

まさにエリック節満開! 大変美しくあたたかなバラード。
サビの泣きの部分もやはりエリック節。(笑)   <J>

Look Hear? (1980) 

               


Take This Woman

「この女を持って行ってくれ!あげるからずっと閉じ込めておいてくれ」
・・・・女の側からすると、失礼極まりない歌詞であり(-_-メ) 、
男の立場もわからんでもないという、なんとも複雑な気持ちになる。(苦笑)
コミカルな10cc特有の疾走リズムに乗ったメロディーは哀愁みなぎり、
グレアムのボーカルがまた切実さを増している。隠れた名曲。  <J>

Why Did I Break Your Heart?/恋の特効薬

エリックが贈る「とびきりの」(爆)失恋ソング。
あとで色々後悔して嘆いている情けない男の心情が伝わってくる。
ひねくれたラブ・ソングが多い10cc。
この2人(エリック&グレアム)の実生活はどんなだろう?
…などと、野次馬的心境に陥る私もちと哀しいかも。(爆)  <J>


Mirror Mirror (1995)

 



                   

  

SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー